FC2ブログ

カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ラーメン二郎環七新新代田

春分の日、ラーメン二郎環七新新代田店へ。
開店前に到着で、そのまま行列へ。
目見当で15人くらい並んでましたかね。開店時には20人くらいかな。
さて、今日は久々なんでラーメンにしよう。小豚を購入。
ご店主は一心不乱にラーメン作り。珍しくBGMが掛ってませんな。
背後霊待ちで麺量の確認、そして「食券見せてください」(豚入りかどうかの確認のためでしょう)を経て、
席が空いて着席。干しシイタケな香り。
このタイミングで、いいたまご100円と、最近始まった冷蔵豚入り袋1,000円を助手さんにお願いする。
冷蔵豚はお店のツイッターを確認してくださいな。
小豚ラーメンで、コールはアブラだけ。
3-21 013
3-21 014
コチラでアブラコールをすると、カエシに漬け込まれた黒アブラになります。
めじろ台店と同じですね。コレが美味い。
ヤサイの上にアブラで、それを覆い隠すようにチョイとヤサイ。
3-21 015
かつて無く液体油多い。
3-21 016
ワイルドな極太麺。このワイルドさが新新代田の醍醐味。
スープと合わさって美味いぜ。
3-21 017
この黒アブラを、麺と或いはヤサイと絡めて食べると美味いんだなぁ。
3-21 018
3-21 019
豚は味の染みた美味い物。柔らくていい感じ。
3-21 020
後半、良い玉子を投入して完食。
3-21 021
やっぱり液体油多いっすね。
ご馳走さま~と声を掛けたら、アレ?今まで気がつかなかった(笑)とご店主。
ハハハ、また来ま~すと退店。うむ、今日も美味かった。
さて、豚は冷蔵なので早速晩飯に。
3-21 022
3-21 023
3-21 024
ビールにも飯にも合う美味い奴でした。次回も購入しようっと。

スポンサーサイト

PageTop

ラーメンショップ練間

先週の日曜日だったかな。
レイと話していたら「ラーメンショップで食べたことが無い」とのことでして、
じゃあ食べてみるかと、ググってみたらコチラのお店が評判が良いみたいなんで初訪問。
ネットだと、「ラーメンショップ練間」となっていますが、看板や店内に特に「練間」の表記は見あたらない。
最寄駅はJR上溝駅らしいんですけど、かなり遠い。
所謂ロードサイド店舗なんでしょう、駐車場は結構広め。
お昼時だったので外待ち数名の状態。
3-21 008
相模原名物なんだ。良く分からんけど、ネギラーメン食べたい。
回転は早くて、すぐに店内へ。
僕はネギラーメンの大盛りを、レイはネギラーメンの並。
3-21 004
椿食堂ってのが、ラーショの本部なんですよね。よく知らんけど。
ニンニクと「らあじゃん」が卓上にありました。いかにもラーショな雰囲気でしょ?
ネギラーメンの大盛り麺かため。
3-21 001
3-21 002
そうそう、この丼ね。僕もラーショって何十年ぶりかなんで、テンションが上がる(笑)
3-21 003
背アブラがポツポツと浮いたスープ。
3-21 005
麺は大盛りだと2玉みたいですね。
あまり解れておらず、2玉だった事が良く分かる仕様(笑)3-21 007
自分で解して、よくスープと混ぜて食べる。
うん、コレコレ。ラーショの味。コレはコレで食べたくなる時あるよね。
3-21 006
これまたググってみると、ラーショの「ネギ」って、
ごま油とラーショオリジナルの調味料「クマノテ」を和えたものらしいんですけど、
「クマノテ」が何で出来ているかは謎。
美味しいんだけど、ネギ思ったよりも少ないな。
美味しく完食。コレで餃子もあればなぁ。

PageTop

野猿二郎でプチ+ニランジャン

先週の土曜日の、二杯目の昼飯(笑)
ラーメン二郎三田本店(コレは朝飯か)→パッセージコーヒー→蓬莱屋でひれかつ定食と
食べ続けまして、あたしはもう無理と宣うレイを残してラーメン二郎八王子野猿街道店2へ。
腹いっぱいなんですけどね、どうしても今日行かないと。
幸い、先週食べ逃したニランジャンもあることだし、一石二鳥。でも腹いっぱい。
野猿二郎に到着しますと、丁度食べ終わったアフラさんとバッタリ。
もう一杯食べましょうよと誘うもムーリーとのこと。そりゃそうだ(笑)
店内に入ってプチの食券を購入してから、外待ちの列へ。
食券をもぎられる時に、麺半分でお願いする。
今日で卒業する助手君の仕事っぷりを眺めながら待つ。
プチの麺半分+ニランジャン(現金100円)でコールはヤサイ少なめ、ニンニク。
3-17 041
3-17 042
ちゃんと麺半分で一安心。
3-17 043
ニランジャン。これだけで食べると結構しょっぱい。辛さは然程でも無い。
3-17 044
スープはこんな感じのド乳化スープ。
3-17 045
腹一杯でも美味いモンなら食べられる。それがジロリアン。
つーか、俺は何か修行をしているのか?むしろ荒行か?
3-17 046
豚もでかくて美味い。そして胃袋がツライ。でも食べてしまう。
3-17 047
ニランジャンでスープが赤くなっちょる(笑)
結局美味しく完食。腹いっぱいなのに、もっと食べたいと思うのは如何なものかオレ。

DTお疲れ様!


そして、晩飯に蓬莱屋のヒレメンチカツ。
3-17 048
3-17 049
カラシとソース付き。
3-17 050
3-17 052
3-17 053
上品な感じでした。

PageTop

御徒町「蓬莱屋」

さて、日が経ってしまいましたが土曜日の昼飯。
ラーメン二郎三田本店で朝飯を堪能した後、レイと合流。
向うのは御徒町でござる。
ちょっと時間が早いので、吉池スーパー(赤坂にも支店がありますよね)なんぞを覗いて(鮮魚売り場が凄い品ぞろえです)から
ヒレカツ専門店蓬莱屋へ。
3-17 033
風情のある店構えですな。
開店10分ぐらい前になると急に行列が出来まして、我々も慌てて最後尾へ。
11時半に開店して、そのまま二階の座敷へ。
店内も風情があって好いですなぁ。このまま畳に寝転びたくなる。
コチラのお店は、大正初年にヒレカツを始めた元祖のお店との由。
小津安二郎が愛したお店としても有名。
一階のレジ脇の壁には、小津監督の色紙が飾られています。
3-17 040
あ、もちろん許可を頂いて撮影しています。
さて注文したのはひれかつ定食。ロースカツはやっていないのですよ。
3-17 034
思ったよりも小ぶりなカツ。棒ヒレって感じですね。
揚げ色は濃い目です。
ラードとヘットを混ぜた揚げ油で、高温で衣を固めてから、低温の油でじっくりと火を通すんだそうで、
僕が想像する二度揚げと逆の順番なんだな。
3-17 035
3-17 036
ご飯に味噌汁、漬けもの。カラシは別皿。味噌汁の器が陶器なんだ。
3-17 037
3-17 038
中は赤みの残った揚げ加減。衣はサクッと、肉はふんわりと柔らかい。
肉の味は、下味はかなり控えめで、ちょっと物足りないかな。
調味料はソースのみ。
他のお客さんに、塩と醤油もありますよと話していましたけど。云えば出してくれるみたいです。
ソースは割と辛口のウスターソースで、サラサラなのでカツに絡まないのね。
美味しいけれど、ご飯の友と云うよりも酒の肴っぽいかな。
美味しいんだけれどなあ、やはりロースじゃないと俺は満足できないのか・・・。
ご飯のおかわりは大丈夫ですか?と声を掛けて頂きましたが、
このあと野猿二郎へ(なんか呼ぶ声が聞こえたのです)行くつもりになっていたので、
オカワリせずに完食。
熱いお茶で〆ました。酒を飲んだ方が満足度高くなるんだろうなぁ。
ちなみに、食べている最中にお土産のメンチカツを注文。
メンチの記事はのちほど。

PageTop

久々にラーメン二郎三田本店

前置きが長いんですけどね(笑)
レイと、ホワイトデーは某ホテルのケーキをなんて相談していたんですが、
高田馬場のトンカツの名店成蔵が間もなく閉店と。
一回しか訪問していないんですけれど、成蔵美味しかったよねぇ・・・と。
正確には、3月21日をもって閉店されまして、
4月からはお弟子さんが「とんかつ なりくら」として営業されるとの話です。
お弟子さんのお店も興味があるんですけれど、もう一回「成蔵」で食べてみたいよねぇ・・・。
じゃあ、ホワイトデーは成蔵でと。
16日の土曜日、整理券取れればねって事で、何時かは書きませんが結構早めに高田馬場に1人で到着。
レイは東京駅の方で所用があるので、終わり次第合流の予定なんですが、
あーこりゃもう無理だな。行列を見てガックシ。凄い人数ですな。
レイにプランBに変更の連絡をして、田町へ。
先ずは自分の朝飯を確保。
ってこれ書いてて気がついたけど、家を出る時に朝飯食ってたな。忘れてたよ俺。
はい、前置きが長かったですけれど、やっと三田二郎の話です。

久々にラーメン二郎三田本店へ。もちろん開店前の時間帯。
3-17 019
既に列んでいる方が居ますので、最後尾へ。ファスロな位置です。
古今亭志ん朝のおかめ団子を聴きながら待つ。
いろいろ盛り上がっていますが・・・なんとか入店。
お久しぶりな助手君に挨拶なんぞ。
ぶたラーメンでコールはニンニク少し
3-17 020
キャベツ率高いヤサイ、ニンニクはちゃんと少なめ。
3-17 022
うま~い。麺は表面はデロっておらず、コシがある物でした。
スープは完全非乳化。やや出汁は薄め、カエシは甘みとしょっぱさとバランスの良い物。
3-17 023
あ、お茶ありがとうございます。
流石にお茶が出てきたのはビックリしたけど。なにしろありがとうございます。
豚はヤサイの下に埋蔵されてましてね
3-17 025
3-17 024
豚入りにしましたからね、一杯入っていて嬉しい。柔らくて美味い。
3-17 026
美味しく完食。麺の量、いつもよりも少なかったかな。
ご馳走さまです!と退店すると、総帥は写真撮影の真っ最中で(笑)
流石慶応の御膝元ですな。

帰ろうとすると、以前松戸でもお会いした三田の常連さんに声を掛けて頂きまして
「越谷(の開店初日に)来て無かったでしょ!探しちゃったよ」
「券売機の上の見た?写真撮ってきなよ」と、教えて頂いたんで、
3-17 027
ほ~、コレはコレは。全然気がついて無かった。先達はあらまほしき事なり。
ヒゲさんにも会えたし、満足して三田二郎をあとにする。

レイに連絡をしたところ、まだ時間があるので、三田二丁目交差点の傍のパッセージコーヒーへ。
3-17 028
ジブラルタルと
3-17 029
パン・オ・ショコラ
3-17 030
3-17 031
小奇麗でお洒落な店内はカウンターとベンチで、リラックスできる雰囲気。
パン・オ・ショコラはトースターで温めてくれました。
パンも美味しいけれど、ジブラルタルが大変美味しい。
コクがあって美味い。
なので、ハンドドリップでガテマラを追加。
3-17 032
あまり酸味の強くない物をとリクエストしたら、ガテマラを薦められたんですけど、
エスプレッソは先ほど飲んだので、ハンドドリップで。
やや香りは弱め。酸味・苦味のバランスが良い感じ。
エアロプレスでも飲んでみたいなと思いながら、御徒町へ。 
続く。

PageTop