カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

「幸田浩子 ソプラノリサイタル」

昨日の話。

東京ガーデンテラス紀尾井町の「ノマドグリル」で昼食を終えると
お!雨上がってる。
レイと二人で紀尾井ホールまでテクテク歩く。
たいした距離じゃないんだけど、坂道。
と、
IMG_2333.jpg
なんじゃこりゃ!って何で画像が横倒し。直らないので横倒しのまま行きますけど
紀尾井坂のコインパーク前に、出汁の自販機。
とりあえず、帰り道で・・・と。
到着。
幸田さんのコンサート久しぶりなんですけど、今回はピアノ伴奏は藤満健さん。
そして、なんとギターで村治佳織さん!ホホホ。期待期待。
ホールに入るといきなり曲目変更の札が
IMG_2332.jpg

バッハの「プレリュードとフーガBWV998から」が変更か。
うん?「主よ人の望みの喜びよ」?あら、よかったぞ。


紀尾井ホール初めてんきたんですけど、残響音がとても長く響くように感じられた。
帰って来てからネットで調べてみると、1.8秒の残響時間だそうで。
もちろん気温や湿度、客席の埋まり具合でも変わるとは思うけど。
サントリーホールは2.1秒なんですってよ。ちなみに。ふーむ。

さて、コンサートは2部構成で、ソプラノ+ピアノで「オルフェオ」の「私は音楽」で始まり
バッハ/グノーのアヴェ・マリアをソプラノとギターとか
たいへん素晴らしい内容。個人的にはアヴェ・マリアはシューベルトのが一番好きなんですけど、
バッハ/グノーも素敵。
第2部はマンシーニの「ムーンリバー」をソプラノ+ピアノ+ギターとか。
ピアノアレンジも幸田さん用に藤満さんが編曲。芸が細かい。
たいへん満足いたしましたよ。
幸田さんがゾフィー役のバラの騎士も観に行きたいけど、ちょっと無理かなぁ。


さて、先ほどの出汁の自販機。
買ってみました。1本700円。
IMG_2334.jpg
IMG_2335.jpg
またしても画像が横倒し。FC2が悪いのか、ウチのパソコンがわるいのか?
ペットボトルの中には出汁と焼きあご(トビウオですね)が1本。しかも冷え冷え。
晩飯に早速試しましたが、たいへん美味しかった(笑)

スポンサーサイト

PageTop

東京ガーデンテラス紀尾井町「ノマドグリル」

今日はレイと一緒に紀尾井ホールで幸田浩子さんのソプラノリサイタルへ。

先ずは朝ご飯から。
昨日、アテスウェイで買ったパン。
IMG_2315.jpg
クロワッサンとクイニーアマン。
IMG_2316.jpg
クイニーアマンはフランボワーズだったかな?なかにクリームが入ってました。
IMG_2317.jpg
紅茶に合いますね。うむうむ。

さて出発。赤坂は結構好きな街なんですけど、赤坂見附の交差点より先って行ったこと無いなぁ・・・。
紀尾井町も初めて。
何で紀尾井って云うかっていうと紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家の屋敷が並んでたんで
その前の坂を紀尾井坂って云うんですね。
乃木大将の住んでた乃木坂と同じ原理です。
さて、1時半開場・2時開演なのでお昼どうしましょうかね。
維新號も食べてみたかったんですけど、レイがお肉食べたいとの事なんで
東京ガーデンテラス紀尾井にある「ノマドグリル」へ。
ガーデンテラスって飲食店ばっかりじゃん。混んでなくてイイね。
予約してないんですけど?
只今席をご用意いたします。
すぐに店内へ。
IMG_2331.jpg
牛がお出迎え。
う~んと、じゃあノマドランチをいただこうか。
まずはアミューズ
IMG_2320.jpg
アミューズなので一口サイズですね。
エビのマリネかな。白いスイートコーンの甘み、エビの甘み、塩気もしっかりしている。美味しい。
IMG_2321.jpg
ガーデンサラダ。コレはかなりヴォリュームありますね。
三浦産の野菜と淡路産のタマネギのドレッシング。
上にかかっている黒い粉は胡椒では無くて、竹炭を練り込んだパンを削った物。
ドレッシングはかなりアッサリ。その分竹炭の香ばしさが目立つ。
野菜は美味しいし、お肉の前に良い感じです。
ロブスターのビスク。
IMG_2322.jpg
カプチーノ仕立てです。先ずはこのまま一口。
う~ん、美味しい。
この上に後乗せで、カリフラワーのエスプーマ。
IMG_2323.jpg
上は冷たくいカリフラワーのエスプーマ。下は温かいロブスタービスク。コレはかなり美味しい。
フランシスフォード コッポラ ヴォトル サンテピノ・ノワールをグラスで。
IMG_2319.jpg
ベリーのような香りがしますね。結構好みかな。
ワインはよく解らないけど(笑)
普段ワインは飲まないからなぁ・・・。自宅ではほとんどウイスキーだからなぁ。
そしてメイン。
IMG_2324.jpg
IMG_2326.jpg
IMG_2325.jpg
お肉美味しいなぁ。説明がよく聞き取れなかったんだけど、サーロインかな。
火の通し方も良くて、噛むほどに肉の味が堪能できる。このお値段でこれなら満足。
デザートはチーズケーキにベリー。
IMG_2327.jpg
IMG_2328.jpg
IMG_2329.jpg
IMG_2330.jpg
コーヒーと共に。
お会計がテーブルで出来るのもイイね。

さて、紀尾井ホールに行きますか。

PageTop

吉祥寺の「アテスウェイ」

小金井二郎で昼飯を食べた後、向かいましたのは吉祥寺。
レイと合流してアテスウェイへ。
IMG_2309.jpg
ケーキを買ってから、隣グラス・エ・ショコラでチョコとアイス。
僕はコーンでマロングラッセのアイスクリーム
IMG_2310.jpg
レイはカップでピスターシュ。ピスタチオだね。
IMG_2311.jpg
ウ・マ・イ!
もっと近ければなぁ・・・。
さて、ケーキは晩飯の後。
フランボアジェ
IMG_2312.jpg
名前忘れたけど、チョコレートがメッチャ濃い
IMG_2314.jpg
ロールケーキ
IMG_2313.jpg
たいへん美味しゅうございました。
ほんとこのお店凄いわ。

PageTop

小金井二郎で「汁なし」

今日の昼飯は小金井二郎で「汁なし」

ラーメン二郎新小金井街道店へ到着しますと・・・あ・・・結構並んでますな。
あたくしも並びましてね、まあ、炎天下で御座いますよ。あっついなぁ・・・。
今日と明日はですね、限定メニューとして「汁なし」をやってんですけどね、コレが楽しみだ。ね。
で、あたくしもね、券売機の前まで列が進みますよ、小豚入りらーめんと、味玉と、汁なしの食券を買いましてね。
この口調で書くの面倒だな。
まずは汁なしに付属のなまたまご。
IMG_2298.jpg
あ、そうか汁なしには生玉子つくんだな・・・。味玉も買っちゃったけど、まあ好きだからかまいやしねぇか。
IMG_2299.jpg
小豚入りラーメンの汁なしでコールはニンニク。
IMG_2300.jpg
IMG_2301.jpg
へへ、美味そうだねどうも。
麺をヤサイの下から引っ張り出して
IMG_2303.jpg
小金井二郎の汁無しは、甘さは控えめ、しょっぱさも控え目でやや優しい味付け。
コレがいい塩梅なんだ。
後半玉子を投入。
IMG_2304.jpg
そしてブタ。豚増しして良かった。
IMG_2305.jpg
部位的に2種類入ってました。柔らくて美味い豚。
IMG_2306.jpg
味玉でフィニッシュ。
IMG_2307.jpg
いやぁ美味かった。
なみのりはもう食べたんですか~、もちろん!
ご馳走さま~っと退店。
髭さんの作る二郎は安定の美味さ。

さて、別行動だったレイが用事が終わったとの事なんで、アフター二郎も兼ねて
吉祥寺へ。つづく。

PageTop

柞刈湯葉「横浜駅SF」

柞刈湯葉の「横浜駅SF」を読んでみた。
“柞刈湯葉”は“いすかりゆば”と読ませるらしいが、イスカリオテのユダかね・・・。

横浜駅(現在のだけど)は開業以来、一度も完成した事が無い。
いつも必ず工事中である。
そうなんだ・・・。云われてみれば、いつ行っても工事してる気がする。

長期間続いた冬戦争の時代、日本は首都中枢型からJR統合知性体を用いた
分散型の政治体制を戦略的に選択。
やがて化石燃料の枯渇により冬戦争は終結。世界中で人類は壊滅状態になっていた。
黄昏を迎えた人類に対して、暴走した横浜駅は自己増殖を始め、
数百年が経ってみれば、本州の99%が横浜駅に浸食されてしまった。
JR北日本が統治する北海道と、おなじくJR福岡が統治する九州は
横浜駅に対して徹底抗戦をしているものの、四国は既に陥落してカオス状態に。
本州=横浜駅では、脳に埋め込まれたSuikaを持つものはエキナカで、
横浜駅を追われた非Suikaな人々は駅を追われて生活していた。
偶然「18きっぷ」を手に入れた非Suika民のヒロトは、5日間の期限付きでエキナカに旅立つことに。
目指すのはとある人物に教えられた42番出口。
何処にあるのか、何があるのかもわからない42番出口を探すヒロト。
一方、JR福岡に勤務するトシルは武器を盗み出し、
横浜駅の浸食により無政府状態の四国に渡る。
二人を主人公として話は進む。

コレはかなり面白かった。
読みながら椎名誠の「アド・バード」みたいだな・・・と思って読んでたんですけど、
作者自身があとがきで「アド・バード」と弐瓶勉の「BLAME!」の影響を受けたと書いている。
でもですね、単なるパロディとか二番煎じでは無くて、オリジナリティのある名作だと思いましたよ。
各章のタイトルも有名作品のパロディになってたりしてユーモアもあるんですけど、
ちょっとハードボイルドタッチな感じもしたりして、たいへん面白かった訳です。

そんでですね、僕としては「42番出口」について書いておきたい。
“42”と聞いて皆さん気になりませんか!
そうですダグラス・アダムズの「銀河ヒッチハイクガイド」に出てくる“42”です!
「全時代および全宇宙で2番目に凄いコンピューター」である「ディープ・ソート」が
750万年かけて計算した「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が“42”です。
しかし、”42”と云う答えは解ったのに、そもそもの「究極の疑問」がなんなのか?
それを計算するために「全時代および全宇宙で1番凄いコンピューター」が作られたのですが、
それが一見惑星のように見える地球なんですね~。
って読んだ事のない人には全く意味不明だと思うんですが、
バカSFの金字塔である「銀河ヒッチハイクガイド」を読んで欲しいなと。
もちろん「横浜駅SF」も読んで欲しいなと思う訳です。
ちなみにあとがきには“42”について何も言及がなかったので、僕の勝手な思い違いかも知れませんが
SFを書く人なら「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が“42”であることを
知っていて選んだ数字なんじゃないかなと思う訳です。以上、長い蛇足でした。

蛇足その2
「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」でググると・・・

PageTop