カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

「寄生獣 完結編」

映画「寄生獣 完結編」をレンタルで観てみた。
前篇である「寄生獣」はちゃんと映画館で観たんですけどね
後編にあたる、本作「完結編」はナンか見逃しちゃったんだよな・・・。
記事にしてなかったかな前篇は。

さて、後編と云う事もあるので、あらすじについては割愛させていただくとして、
原作に割と忠実に今回も描かれていまして、なかなか面白かった。
少しだけ指摘したいんですけど、
連続殺人犯であり、人間なのにパラサイトを見分けることが出来る唯一の人物である浦上が登場するんですけど、
ちょっとこの人が原作に比べると弱いのが気になった。
弱いって戦闘能力の事では無くて、キャラクターとしてってことね。
主人公新一とミギー、そして田宮良子らのパラサイトを除くと、
浦上が一番興味深い登場人物だと思うのですね。
実際ラストで重要な役割を果たすし。
その割にですね、キャラが薄いと云うか描かれ方が足りないと思うんですよ。
田宮良子とかかわりの深い、フリーライターの倉森の描かれ方と対照的。
そちらの方がドラマチックに(原作の倉森との違いも含めて)なるからなのかもしれないけれど、
僕としては浦上の方が、原作のテーマにとって重要だと思う次第。
実写映画、テレビアニメをご覧になった方は、ぜひ原作漫画も読んでみて欲しい。

スポンサーサイト

PageTop

映画「アイアムアヒーロー」

映画「アイアムアヒーロー」を観てきた。
って云っても、実際に見たのは一か月も前なんですが。

先ず云いたいのは、主人公の英雄役の大泉洋が、原作にそっくりなこと。
コレは予告編を観たときから思ってたんですが、ナイスなキャスティング。
顔が似ているだけでは無くて、小心者でヘタレでちょっといい加減な感じが、
とても大泉に合うと思うんだな。
で、比呂美ちゃん役の有村架純がカワイイと。

で、内容なんですけど、未完のマンガを2時間にまとめるのは、そもそも無理なんで、
どこまでの話にするのかな?ラストはどうすんのかな?と思ってたんですけど、
え~っと、あそこで(一応ネタバレはマズイかなと・・・)の話に絞って描いていまして、
ZQNとはなんなのか?とか、英雄の内的葛藤とか、比呂美ちゃんを守ろうとする心情とか
その辺の話を掘り下げようとすると、時間が足りないのでね・・・。
なので、取りあえず、難しい話は原作に任せといて、映画版は娯楽に徹すると!
コレは映画館で観た方が良いよ!地上波ではもちろん放送できないだろうし、
レンタルで観るにしても、出来れば大画面で映画館で観た方が良いともうなぁ・・・。
R15+って事で、日本映画にしちゃぁ、遠慮なくやっちまってくれてまして
爽快な気分で映画館をあとにした俺なのでした。
面白かったです。おススメ。



PageTop

映画「オデッセイ」

映画「オデッセイ」を観てみた。
原作はアンディ・ウィアーの「火星の人」
原作は大変面白かった。
映画版も監督がリドリー・スコットと云う事で期待大。でもマット・デイモン嫌いなんだよなぁ・・・。
一応あらすじを紹介すると、
近未来、火星に有人宇宙船が送られるが、火星地表での活動中に大砂嵐が発生。
ミッションを中止して地表から脱出し、火星を離れることになる。
メンバーの一人マークは脱出時に嵐に巻き込まれて死亡。
視界ほぼゼロの状態で、マークの死体は風に吹き飛ばされてしまう。
諦めて火星から飛び立つ他のメンバーたち。
ところが、奇跡的にマークは生きていた!
宇宙船とも地球とも連絡手段は無く、食料も限られた状況。
次の探査船が火星に来るのは4年後。
マークは植物学者でエンジニア。技術と知識を活用し、火星でのサバイバル生活を始める。
といった内容なんですが、ほぼ原作通りの内容でした。
原作ほどにはマークのユーモアあふれる性格(ああいう性格じゃないと精神的に潰れると思われる訳です)は、
強調されてませんでしたね。
原作でも流れまくっていたディスコミュージックですが、映画でももちろん流れます。
映画解説者の町山智浩によると、映画のストーリーと曲の歌詞がシンクロしまくりでナイスな選曲らしいんですが、
残念ながら字幕で歌詞の訳は出せないらしく(著作権の問題)、その辺はちょっと残念です。
ちなみに僕はあの手の音楽が大嫌いなんで、デヴィッド・ボウイのスターマンが掛った時はホッとした。
スターマンは良い曲だよ。うん。

ま、それはさて置き、リドリー・スコットにしては地味目な感じではありますが、なかなか面白い映画でしたよ。
やっぱ大画面でこういうのは観たいやね。

PageTop

R.I.P.原節子

R.I.P原節子1920年6月17日~2015年9月5日

日本の誇る名女優、原節子さんが亡くなった。
戦前戦後の映画界において小津安二郎作品をはじめとした、数々の作品で
その気品のある美しさと、素晴らしい演技で「永遠の処女」と称された。
1963年に、理由を明かさずに引退。以後、公の場には一切出ることは無かった。
そんな名女優であるが、貧しい家計を支えるために映画監督の義兄に誘われ、
女学校中退して日活に入社したと云う。
もともとは演技の拙さを指摘されたりもしたそうだが、後に小津作品に欠かせない
実力も伴った女優になった訳です。
僕も小津の「東京物語」を観て原節子のファンになったんですが
あの映画は、ホントに素晴らしい。
未見の方は是非見て欲しい。



「東京物語」の最後の方のシーンで「わたくしずるいんです・・・」って云うセリフがあるんですが、
これね、マジで泣くよ。原さんにそんなこと云われた日にはアナタ・・・。

ご冥福をお祈りいたします。

PageTop

Mad Max: Fury Road マッドマックス 怒りのデス・ロード

「Mad Max: Fury Road マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観てきた。
観てきたって云っても2回目な訳だ。
今回はですね、立川のシネマシティで「極上爆音上映」って云うのをやっていると聞きこんだので、
2回目にチャレンジ。
7-31 001
スゲェ音だった。
なんでも高性能サブウーファーを新規導入してマッドマックスに備えたとの話でして、
確かに凄い音でした。単純に音がデカイってだけじゃなくて、大迫力かつ臨場感たっぷり。
まだマッドマックス観てねぇやと云う諸兄におススメしたい映画館です。
いやぁ、この音響で他の映画も観てみたい。
レッドツェッペリンの「狂熱のライブ」とかやって欲しい!

映画もですね、2回目にもかかわらず、最後まで手に汗握って(表現が古いなぁ)楽しめましたよ。
ホントおススメですから。大画面大音量で映画館で観ないと損する映画です。
よくもまぁ、ここまで最初から最後まで突っ走る映画にしたもんだと。
個人的にはマックスよりもバイクでスナイパーなおばちゃんたちの男前加減に感動。
女性陣もセクシーとかお色気に逃げずに、ホント男前なんだなぁ。
マックスもカッコいいけどね。
「マッドマックス2」もそうなんだけれども「シェーン」と同じような構造で、流れ者が悪を倒して・・・ってパターンですね。
でもそこがカッコ良いんだなぁ。

PageTop