カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

R.I.P.水木しげる

「墓場の鬼太郎」「河童の三平」「神秘家列伝」などでおなじみの水木しげるが亡くなった。
水木さん(水木しげるの一人称が「水木さん」だった)は戦時中ラバウルに出征し
爆撃により左手を失った。
復員してからは紙芝居や貸本漫画を書き続け、ガロで雑誌デビュー。
僕がガロを読み始めたころには、もちろん水木さんのマンガは載って無かったけれど
アニメの「ゲゲゲの鬼太郎」は好きだったなぁ。
僕が視ていたのは第2期の再放送で、第1期も再放送で視た記憶がある。第3期以降はちょっと・・・。
小学館文庫だったかなぁ、文庫サイズの鬼太郎の単行本も集めてたけど、実家にまだあるはず。
あの緻密な背景と、独特の世界観。
ご本人もかなりの奇人で、そこがまた魅力的だった。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

PageTop

山川直人「シリーズ小さな喫茶店 一杯の珈琲から」

山川直人の「シリーズ小さな喫茶店 一杯の珈琲から」を読んでみた。
山川直人の絵は独特だ。
何と云うかちょっとカクッカクとした木版画っぽい線。
カケアミを多用し、余白がほとんど無いくらいに書き込まれた各コマ。
温かみを感じるその絵は、山川独自の物である。
そしてホッとすると云うか、まさに珈琲(ここはやはり漢字表記で行きたい)で
一服したような読後感。お子様向けでは無く、大人向けの作家だなぁ。
珈琲と喫茶店に並々ならぬ愛着がある山川らしく、本作も舞台は喫茶店。
全10話の短編集なんですが、ゆっくりと珈琲の香りを楽しみながら読んでほしい一冊。
おススメです。

PageTop

時に、西暦2015年

本日2015年6月22日は、エヴァンゲリオンのストーリーがスタートした日。
碇シンジが初めてエヴァに乗った日。初めて綾波に会った日。

PageTop

八木教広「クレイモアCLAYMORE」27巻

去年の話なので申し訳ないが、八木教広の「クレイモアCLAYMORE」27巻を読んでみた。
27巻で完結っすね。

深淵をも遥かに超える、圧倒的な力を持つプリシラを相手に、苦闘を続けるクレイモア達。
26巻のラストで、とうとう覚醒したクレアな訳ですが、覚醒したその姿は懐かしのあの戦士。
だいたい誰なのかは予想がついちゃう訳ですが、ついに最強の戦士が再登場と。
プリシラにとっては積年の恨みを晴らす相手でもあり、ある意味憧れの人とも云えるのかと。
必殺技がどうとかではなくて、地力が違うって云うんですかね、いわゆる横綱相撲っぷりが良いなぁと思う訳です。
最後の最後で、死んだと思っていたあの人も何とか生きていたことが分かって良かったなぁと。
変に話を引き伸ばさずに、この辺で完結できたのは作品的には幸せかなぁと思うのですよ。


PageTop

シドニアの騎士

弐瓶勉「シドニアの騎士」、皆さん読んでますか?
アニメ第一期観ましたか?もうすぐ第二期ですよ。
もうすぐ劇場版も公開ですよ。
と云う訳で、今日は日本橋までTVアニメ第二期「シドニアの騎士 第九惑星戦役」の先行上映会に行ってみた訳です。
2-2-2- 001
4月まで待てば、TVで放送がある訳ですけどね、そこはそれ、早く観たい訳ですよ。
大画面で観たいしね。

う~ん、一期以上に戦闘シーンとか好いね。エンディング曲がちょっと・・・とは思ったが。

第二期の1~3話を大画面で堪能した後、トークショウ。
櫻井孝宏(岐神海苔夫役)、洲崎綾(星白閑・白羽衣つむぎ役)、佐倉綾音(岐神海蘊役)の3人がゲスト。
僕は特に声優オタって訳でもなんですが、声をアテる際にどういう意図で演技していたかとかナカナカ面白かった。
爆笑ネタとかもあったしね。
単行本で云うと5巻冒頭の、外生研でのシーンの岐神の名(?)セリフ
「糞尿をそこらじゅうに垂れ流して、腐った残飯まみれの臭くてだらしのない生き物なんだよ、おまえらは!!」
を生で聴けると云う(笑い)、おまけつきでトークショウも無事終了。
劇場版も来月公開だから観に行かなきゃだ。

さて、昼飯が時間が無くてあまりにもつまらなかったので、コレド室町の今半でメンチを。
2-21 003

PageTop