カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

マイケル・ロボサム「生か、死か」

マイケル・ロボサムの「生か、死か」を読んでみた。

冒頭、主人公のオーディが脱獄したところから物語がスタート。
10年の刑期満了まで、あと1日ってとこでの脱獄。
なんで???
オーディは現金輸送車襲撃で逮捕。
事件は4人の死亡者を出したが、オーディ以外の犯人は逃亡。
奪われた700万ドルは未だに見つかっていない。
金の在処を知っていると目されたオーディは、囚人たちからはもちろん、
看守たちからも金の行方を吐けと脅されるが、飄々と受け流すと云うか耐え抜く。
そこまでして10年間を刑務所で過ごし、あと1日で自由になれるはずだったのに・・・。

この作品、エドガー賞最優秀長編賞最終候補に残り、英国推理作家協会ゴールド・ダガー賞を受賞。
非常に評価が高いんですけど、正直僕はツマンナカッタです。
何であと1日が待てずに脱獄したのか?って、すごいフックなんですけど、なんか肩すかし。
主人公にも魅力を感じない。
主人公の親友(親友なのか?)である囚人のモスが、そこそこ魅力的なのが唯一の救いで
いつ面白くなるんだろう・・・と思いつつ読んだんですけどねぇ。
ま、好みでは無かったと。そう云う事です。

スポンサーサイト

PageTop

スティーヴン・ハンター「スナイパーの誇り」

スティーヴン・ハンターのボブ・リー・スワガーシリーズの何作目か判らんけど
「スナイパーの誇り」上下を読んでみた。

自宅で暇を持て余すボブ・リーに、友人の記者キャシーからメールが入る。
モスクワからのメールで、何やら第二次大戦中のスナイパーがらみの話らしい。
スナイパー話となると居ても立ってもいられないボブ・リーは、一路ロシアへ。
そして、独ソ戦で活躍した女性スナイパーのリュドミラを2人がかりで調べることに。
独軍から“白い魔女”と恐れられたリュドミラは、何かの陰謀に巻き込まれ
その記録を抹消されたようなのだが。

ボブ・リーの活躍は控え目。
独ソ戦でのリュドミラのパートと、現代のボブ・リー&キャシーのパートが交互に展開される。
更に、現代のモサド(イスラエルの情報機関ですな)の職員のパートも入ってきて
何処で話が繋がるのかと・・・。
一応アクションシーンはあるものの、かなりおとなしめでちょっとがっかりな感じは否めない。

PageTop

ダニエル・フリードマン「もう年はとれない」

ダニエル・フリードマンの「もう年はとれない」を読んでみた。

メンフィスの元殺人課刑事バック・シャッツは、
戦友ジムのたっての願いで、ジムの入院する病院へ見舞いに。
病室で思わぬ話を聞かされるが、当のジムはそのまま息を引き取る。
ジムは、第二次世界大戦末期に2人が放り込まれた捕虜収容所で
ユダヤ人であるバックに“親切とはいえなかった”ナチスの将校ジーグラーが生きていると云うのうだ。
戦後、ジーグラーが名前を変え、ナチの隠し財産である金塊を持って逃亡したのを見逃したと
打ち明けるジム。
係わる事を拒んだバックだったが、噂を聞きつけた連中に巻き込まれるようにジーグラー探しを始める。
87歳のハードボイルドな元刑事が、孫の手を借り、357マグナムを身につけて、
ジーグラーを追ううちに、周囲では残虐な殺人が起きる。
ダーティーハリーばりの強面刑事だったのに、今ではへなちょこパンチと減らず口が武器のシャッツ。

これはかなり面白かったですね~。お薦め。
続編も是非読みたい。

PageTop

ケン・リュウ「蒲公英王朝記 巻の一 諸王の誉れ」

ケン・リュウの「蒲公英王朝記 巻の一 諸王の誉れ」を読んでみた。
ケン・リュウは中国系のアメリカ人で、短編集「紙の動物園」で有名。
本編はケン・リュウ初の長編と云う事なんですけど、ケン・リュウ自体読むの初めて。

どうでもいいんですけど、ちょっとカバー絵がビミョーにダサいのが気になる。
さて、本編ですけど、どこか架空の世界の話。
ダラ諸島には七つの王国が在ったが、ザナ国が新型の飛行船などの圧倒的な軍事力で
他の6国を征服し、ザナ国王は始皇帝としてダラ諸島に圧政を敷く。
無鉄砲な少年クニ、名家の血筋の少年マタ。
二人はそれぞれ皇帝の巡遊を目にし、それぞれの感慨を抱く。
やがて、圧政に対して叛乱が起き、成長した二人の少年も反乱軍に身を投じる。

予備知識なく手に取ったんですけど、読めば誰でもわかるように、
楚漢戦争がモチーフ。
クニは劉邦、マタは項羽と。
どうなんでしょうね・・・。
興しろいかと云われれば、そこそこ面白いけど興しろくはないと云う感じ。
ファンタジー的、あるいはSF的な要素も特に無く、では何故に架空の世界が舞台なのか?
2巻以降でなんか変化球が来るのかな。
イヤそれなりに面白いんですよ。でも司馬遼太郎の「項羽と劉邦」や、
司馬遷の「史記」を読んだ方が数倍面白いし興しろい。
人名がカタカナなのも読みづらいし・・・。
登場人物たちも、やや魅力に乏しく感情移入しがたい。
宦官ではなく、侍従って云うのもなんか意図的なのか?

一応、2巻を読んでみようとは思う。

PageTop

アラステア・ボネット「オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所」

アラステア・ボネットの「オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所」を読んでみた。

もう眠いんで手短に。

皆さんは「サンディ島」をご存じだろうか。
オーストラリアのクイーンズランドの沖合、東に700マイルに在る島だ。
いや、在る島・・・と云うか、無い島だと確認された島だ。
?????
本書の一番最初に紹介されているサンディ島は、1876年に島があると報告され、
以後、在る物としてさまざまな海図に記載されてきた。
がしかし!
2012年にオーストラリアの調査船が、この島が存在しないことを確認。
長さ約15マイル、幅約3マイルの島なのに・・・。

そのほか、色々な意味で、あるいは色々な理由で、
不思議な、そして奇妙な場所が世界には数多ある訳ですなぁ。
なんか、感慨深いなぁ・・・。

まあ興しろい本だったんですが、不満もある。
まず、地図が大雑把過ぎ。
場所についての本なのに、あの地図じゃあ・・・。
緯度と経度が記載されている場所もあるけどね。ググれってか。
そして、写真やイラストが無い。
もちろん存在しなかった島とか、取材が不可能な場所は
写真が無くても当然なんですけど、レニングラードの写真ぐらいあっても良くない?
イギリスの自称独立国家である元海上要塞の「シーランド」なんか
写真見てみたいんですけどねぇ・・・。
ちなみにググれば簡単に写真が見つかります。

PageTop