カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

町田康講演会

11月4日は中央大学の白門祭へ。
お目当ては焼きそば二郎!じゃなくて
町田康の講演会。
主催は中央大学学術連盟 文学会さんでして、事前にサイン会の申し込みも済ませたワタクシであります。

町田康は1962年生まれ。
1981年にアルバム「メシ喰うな!」でバンド“INU”のヴォーカルとしてメジャーデビュー。
当時は町田町蔵名義。なので我が家では未だに「町蔵」と呼んでますね。
1992年に詩集「供花くうげ」、93年に詩集「壊色えじき」を出版。
小説家としては1996年に「くっすん大黒」(ドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞)でデビュー。
2000年「きれぎれ」で芥川賞。etc.
饒舌かつ土着的かつユーモアに満ちた特異な文体と、悪夢的かつナンセンスかつ爆笑なストーリーは
物悲しくもあり、破滅的であり、最高のポストパンクなグレートな作家なんである。
まあ以前から愛聴かつ愛読している方なのである。
INUはこんな感じのバンド。
「ダムダム弾」

画像がアルバムジャケットですな。町蔵良い目をしてる。19歳か・・・。
「おっさんとおばはん」

カッチョエエのぉ!
まあINU以降も現在に至るまでパンクスとして活動中。
よく元パンクロッカーとか書かれるんだけど、失礼だから注意するように!
でまぁ、今回「読むことと書くことの関係」と云う講演がを聴いてきた訳です。
10-5 007
パンクの「歌詞」として初めて言葉を綴った時から、現在の小説に至るまで・・・・って、
講演会の内容は書くのが大変なので割愛。聴きに行った人の特権だし。
根本敬の話題が出たのが個人的には印象深いが、
あの場に居た人のうち、いったい何人が根本敬を知っているだろうか(笑)
終了後、事前申し込みしておいたサイン会にて頂きました。
11-4-1 001
イカしたネクタイしてたなぁ・・・。


さて野猿二郎に晩飯食いに行こうっと。

スポンサーサイト

PageTop

「小説BLAME! 大地の記憶」冲方丁

「小説BLAME! 大地の記憶」冲方丁を読んでみた。

弐瓶勉の漫画「BLAME!」の小説版ですが、
続編とか外伝とかでは無くて、
漫画で描かれたブラム!(メンドクサイので以下カタカナ表記)を冲方丁が描き直したって感じですかね。
なのでストーリーは割愛。
個人的には・・・面白くなかった(笑)
最後までちゃんと読めたんですけど、読まなくても良かったなと。
冲方丁は「マルドゥック・スクランブル」を読んで、
こりゃ僕とは合わないなと、まあもう手に取る事も無かろうと思ってたんですけど、
ブラム!だし・・・と、読んではみたものの、やはり相性が合わないみたいです。

PageTop

柞刈湯葉「横浜駅SF」

柞刈湯葉の「横浜駅SF」を読んでみた。
“柞刈湯葉”は“いすかりゆば”と読ませるらしいが、イスカリオテのユダかね・・・。

横浜駅(現在のだけど)は開業以来、一度も完成した事が無い。
いつも必ず工事中である。
そうなんだ・・・。云われてみれば、いつ行っても工事してる気がする。

長期間続いた冬戦争の時代、日本は首都中枢型からJR統合知性体を用いた
分散型の政治体制を戦略的に選択。
やがて化石燃料の枯渇により冬戦争は終結。世界中で人類は壊滅状態になっていた。
黄昏を迎えた人類に対して、暴走した横浜駅は自己増殖を始め、
数百年が経ってみれば、本州の99%が横浜駅に浸食されてしまった。
JR北日本が統治する北海道と、おなじくJR福岡が統治する九州は
横浜駅に対して徹底抗戦をしているものの、四国は既に陥落してカオス状態に。
本州=横浜駅では、脳に埋め込まれたSuikaを持つものはエキナカで、
横浜駅を追われた非Suikaな人々は駅を追われて生活していた。
偶然「18きっぷ」を手に入れた非Suika民のヒロトは、5日間の期限付きでエキナカに旅立つことに。
目指すのはとある人物に教えられた42番出口。
何処にあるのか、何があるのかもわからない42番出口を探すヒロト。
一方、JR福岡に勤務するトシルは武器を盗み出し、
横浜駅の浸食により無政府状態の四国に渡る。
二人を主人公として話は進む。

コレはかなり面白かった。
読みながら椎名誠の「アド・バード」みたいだな・・・と思って読んでたんですけど、
作者自身があとがきで「アド・バード」と弐瓶勉の「BLAME!」の影響を受けたと書いている。
でもですね、単なるパロディとか二番煎じでは無くて、オリジナリティのある名作だと思いましたよ。
各章のタイトルも有名作品のパロディになってたりしてユーモアもあるんですけど、
ちょっとハードボイルドタッチな感じもしたりして、たいへん面白かった訳です。

そんでですね、僕としては「42番出口」について書いておきたい。
“42”と聞いて皆さん気になりませんか!
そうですダグラス・アダムズの「銀河ヒッチハイクガイド」に出てくる“42”です!
「全時代および全宇宙で2番目に凄いコンピューター」である「ディープ・ソート」が
750万年かけて計算した「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が“42”です。
しかし、”42”と云う答えは解ったのに、そもそもの「究極の疑問」がなんなのか?
それを計算するために「全時代および全宇宙で1番凄いコンピューター」が作られたのですが、
それが一見惑星のように見える地球なんですね~。
って読んだ事のない人には全く意味不明だと思うんですが、
バカSFの金字塔である「銀河ヒッチハイクガイド」を読んで欲しいなと。
もちろん「横浜駅SF」も読んで欲しいなと思う訳です。
ちなみにあとがきには“42”について何も言及がなかったので、僕の勝手な思い違いかも知れませんが
SFを書く人なら「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が“42”であることを
知っていて選んだ数字なんじゃないかなと思う訳です。以上、長い蛇足でした。

蛇足その2
「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」でググると・・・

PageTop

秋吉理香子「自殺予定日」

秋吉理香子の「自殺予定日」を読んでみた。

主人公瑠璃は高校一年生。
父は有名シェフ。その父を支えた元パティシエールの母。
母が突然病死した悲しみの中、父と娘は仲良く支え合っていたのだが、
父のアシスタントととして若い女性れい子が現れる。
やがて父とれい子が再婚し、疎外感を味わう瑠璃。
ところが、こんどは父までもが心筋梗塞で急死。
継母であるれい子と二人残された瑠璃は、父がれい子に毒殺されたのだと確信するが、
物証もなく、警察には相手にされない。
瑠璃は自殺して遺書を使って、れい子を告発する事を考えつく。
自殺の名所とされる森で首を括り、首尾よく死んだと思った瑠璃の前に、
幽霊である青年、裕章が現れる。残念ながら自殺は失敗。
瑠璃は裕章に説得され、れい子を告発する証拠を探すことに。
ただし期限は1週間。
証拠を見つけられなければ、1週間後の大安の日が、瑠璃の自殺予定日。

まあ面白かったけど、随分とユルユルな話だなぁ・・・。
風水と絡めたのも成功なのか失敗なのか、僕には無用な気がしますが。


関係ないですが、「ブラムBLAME!」をまたしても観てきました。
2回目ですけど、前回見逃していた細かいところとかも色々とチェック。
今回は立川シネマシティまでは行けなかったんですけどね、
映像の凄さにも改めて感心。
エンドロールがウルトラマン・ウルトラセブンぽかったなと思いました。
BDいつ出るのかな・・・。

PageTop

住野よる「よるのばけもの」

住野よるの「よるのばけもの」を読んでみた。

主人公の安達(通称あっちー)君は中学三年生。
何故かは解らないが、夜になると六つの足と、八つの目玉を持つばけものに変身する。
大きさも自由自在。高速移動も可能。
ある日の事、宿題を教室に忘れてしまい、夜の学校へ忍び込んでみることに。
誰もいないはずの夜の学校で出会ったのは、いじめられているクラスメイトの矢野さん。
彼女をイジメルことで、クラスはある種の一体感を持ち、
むしろ学校の中でも良いクラスと目されている。この微妙なズレた感覚。
学校で「夜休み」を過ごしているとのたまう矢野さんと、ばけものであるあっちー君のかみ合わない会話。
クラス内でのポジションを死守すべく振る舞う中学生達は悲しくも恐ろしい。そして残酷だ。
やがて、夜に怪獣を学校で見たという噂が立ち始め、
あっちー君は矢野さんの為(?)に「夜休み」の時間を守ろうとするんですけど・・・。

「君の膵臓が食べたい」「また同じ夢を見ていた」に続く住野よるの3作目。
う~ん、結構コワイ話だったかな。
やっぱ人間の集団て怖いよね。

PageTop