カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

野猿二郎にて「小ブタ+ネギ」

昨日の晩飯は野猿二郎へ。

ラーメン二郎八王子野猿街道店2に到着しますと、駐車場空きアリ。食券を買って外待ち1名の後ろへ。
今日は小ブタ+ネギを購入。
食券をもぎる時に「辛い奴」でお願いする。
コールはヤサイ少なめ、ニンニク!
4-28 001
肉しか見えないし(笑)
4-28 002
辛い奴久しぶりなんだけど、やっぱ美味い!
あれ?そう云えばネギが入って無い気が・・・。
あ!カートさんのネギ!
別皿でネギが無事に到着。
4-28 003
4-28 004
豚美味いぜ!増して正解!って云うか量が凄い。明日からGWだしお祭り気分。
4-28 005
ネギと絡めて食べると堪らんのよ。
4-28 006
分厚い端ブタも入ってて大満足!

スポンサーサイト

PageTop

野猿二郎にて宴

土曜日の晩飯は野猿二郎へ。

kennさんの仕切りで二郎好きの諸兄が集合。
あいにくの雨でしたが、皆さん野猿二郎を味わうためにお集まりいただきました。
ワザワザありがとうございます。kennさんも送迎やら連絡やらありがとうございます。
nisさん、次回は是非!

と云う事で、人数が多かったのでお名前は割愛させていただきますが、
お店や他のお客さんの迷惑にならないように粛々と食券を購入して行列へ。
小ラーメンとネギの食券を購入して、さらに現金100円でネギ玉もお願いする。
4-24 001
コールはヤサイ少なめ、ニンニク!
4-24 002
4-24 003
4-24 005
ウホっ!美味い。
4-24 006
豚も脂身と赤身のバランスの良い柔らかい物で大変美味い。
4-24 007
ネギ玉もこのようにですね、味変で使う訳ですが
今回はネギとネギ玉(って意味が通じにくいですけど・・・)で豪華に行ってみた訳ですが
次はたまねぎたまごも行ってみるかと。
4-24 008
ちなみにこの日はめずらしく非乳化な感じのスープ。
美味かったなぁ・・・。
食べ終わったあとは流れ解散でしたので、ゆっくりとご挨拶も出来ず残念でしたが
大変楽しかったのであります。皆さんありがとうございました。

PageTop

今日は野猿ね。

昨日のめじろ台に引き続き、今日の晩飯は野猿二郎へ。

ラーメン二郎八王子野猿街道店2に到着しますと、外待ち無し、駐車場空きアリ。
いつもよりも早い時間帯なので、すいていました。
kennさんご夫妻と合流して食券購入。ウェイティングシートに座る間もなくカウンターへ。
色々と情報交換やら・・・。
さて、本日は小ブタがまだあったんですけど、昨日も二郎食べてるし・・・自粛しよう。
小ラーメンと現金100円でネギ玉を。
4-18 001
続いて小ラーメンで、コールはヤサイ少なめニンニク抜き!
4-18 002
今日はハムっぽい豚。
4-18 003
肉肉してます。
4-18 004
う~ん、やっぱこの麺が好きだ。
ネギ玉へドボンと。
4-18 005
イイねぇ。
4-18 006
ご馳走さまです!

PageTop

野猿二郎金曜夜の部。

昨日の金曜日の晩飯も、もちろん野猿二郎。
もうホームって云うよりも自宅で晩飯食べてるとの気分的には変わらない(笑)

到着時・・・たぶん10時近かったかな。店前を通り過ぎると長蛇の列。
あ~混んでるなぁ。まる重さんにしようかな、ゆなみ麺匠さんにするかな・・・
と思いつつ裏に回ると駐車場に空きアリ。
棘を隠しつつ美しく咲くバラに、吸い寄せられる蝶のように、二郎の駐車場に(笑)
夢で胡蝶になるって云うんですかね。
う~んと、結構暑かったし、つけ麺にしようっと。あときまぐれたまごね。
スルスルと列が進み店内のウェイティングシートへ。
なぜか、新人の助手君がワザワザご挨拶に(笑)
厨房内で妙に受けてたけど。真面目そうな子が入ったのう。頑張ってね。

さて、美酒乱さんの隣に着席。お、辛い奴ですな。
まずはきまぐれたまご、白だし味。
4-14 009
そして麺丼
4-14 007
そしてニンニク入りのつけ丼。
4-14 008
水で〆られた野猿の麺が最高に美味い。
4-14 010
4-14 011
ウンウン。美味いぞ。
4-14 012
きまぐれたまごでフィニッシュ。
ご馳走さまでした。

PageTop

いつものように野猿二郎

みなさん、こんにちは。
う~んと、水曜日の晩飯だったかな。晩飯食いに野猿二郎へ。
この日は小ラーメンにネギですね。もう定番ですよ。
4-14 001
美味そうでしょ?美味いんだよね。
ちなみに隣のレイはDEATHってるし。
4-14 002
生麺を小鍋のDEATHスープで煮込んでた(笑)
麺の中まで辛くする作戦。怖ろしい・・・。
4-14 004
僕もDEATH食べたいなぁ・・・でも翌日仕事だしねぇ。
野猿の美味しい麺を頬張りながら、隣から漂う唐辛子の香りにむせる。
4-14 005
大判煮切られた野猿のブタ。
4-14 006
この日はしっかり乳化で美味かったぜ。

PageTop