カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ラーメン二郎環七新新代田で小豚

今日の昼飯はレイとラーメン二郎環七新新代田店へ。
う~んと、夜は野猿に行くつもりなんで、Wはやめて小豚にしとこう。
食券を買って、店内の自販機で黒烏龍茶。
ちわ~っすとカウンターに着席して、カード型食券を高台へ。
現金100円でタマネギキムチをお願いします!
10-15 003
小豚ラーメンで、コールはニンニク少しとアブラ!
10-15 005
10-15 006
う~ん、美味そう。小豚でもブタは結構なヴォリューム。
10-15 009
平打ちで、表面はデロっとしてシッカリとアルデンテな新代田麺。
野趣あふれる二郎です。
コレがウメーのよ。
10-15 011
ヤサイの上に黒アブラで、更にヤサイと盛りつけられてんですけどね、
この黒アブラが好きです!
10-15 013
しょっぱいくらいに味の染みた豚がまた美味いのよ。ご飯が欲しくなる。
しっかりとした肉質で美味かったですぞ。
10-15 014
見た目ほどには辛くないっす。漬かり具合が浅めなので、むしろ玉ねぎの辛さを感じます。
10-15 015
レイからのおすそわけで漬けニンニク。
しょっぱいけど美味い。
スープもブタが効いてて美味かったす。

あ~あ、食べ終わっちゃった・・・。
美味しかったで~す、と退店。
デセールは外苑前で。

スポンサーサイト

PageTop

今日のお昼その2は新新代田

千里眼をあとにして向かいましたのは、ラーメン二郎環七新新代田店。
昨日、臨休で振られましたからね、今日は食べるぞと。
ちなみに公式ツイッターによると、今日の限定メニューは「レモカツ冷まし中華」で+100円との事。
実は新新代田でつけ麺が未食なんだよね~。
池ノ上から電車で新代田駅へ。暑いな。
うわ~並んでるなぁ。
行列が折り返してまして20人くらいかな。
日影ならまだいいんですけどね・・・日向はツライな。
やっと店前まで来た。
8-21 010
一応、新新代田店の夏休み情報です。
この時点で助手さんから麺量確認。
もう胃袋は準備できてますんで、小なら食べきる自信があったんですけど、
念のため「麺少なめで冷まし中華」をお願いする。
間もなく店内に進み、食券購入と同時に席が空き着席。
ご店主にご挨拶してと。
多分厨房内の熱気を、客席に流さないように遮断する為なんでしょう、
カウンターの上にオーションの空き袋がカーテンのように張り巡らされてる。
一部だけ、オーションの袋が切り取られてるんですけど、
たぶん麺釜の前から時計が見えるようにしてんのかな。
さて、小ラーメンのレモカツ冷まし中華麺少なめでコールはヤサイ少なめニンニク抜きでアブラ!
8-21 011
黒アブラはヤサイの下に隠れてます。
麺もヤサイも少なめにしたんで、ワリとカワイイビジュアル。
個人的には冷まし中華の場合はヤサイ少なめの方が混ぜやすいと思います。
8-21 012
8-21 013
麺は水冷式で・・・要するに水で〆てました。

以前ご店主からですね、冷まし中華の美味しい食べ方を教わりましたんで、もう一度書きますね。
スープが入っていない=豚出汁が入らないって事なので、アブラコールを推奨。
アブラとカエシで食べて欲しいと。
最初にアブラ・麺・ヤサイ・カエシと云うかタレが混ざるように
遠慮なく、躊躇なく、容赦なく混ぜる。とにかく混ぜる。デスメタルにノッて混ぜまくる。
そして喰らう。と云うのがおススメです。
8-21 014
攪拌しました。いただきます!
8-21 015
なんだろね、やはり新新代田の魅力は麺だな。
レモンの酸味と、カツオ節粉なのかな?魚粉と、FZと、アブラ。
渾然一体となったカオスな美味さ。
8-21 016
8-21 017
ブタは一個は端ブタ。味が染みて美味い。
ふふふ、このジャンクな感じが堪らん。美味い。
8-21 018
余裕で完食。

ご馳走さま、美味しかったです!と声をかけると
「野猿(のシークワーサー)と、どっちが酸っぱいですか?」といきなり訊かれる。
「野猿の方がだいぶ酸っぱいですよ!」と答えたんですけど、
後のロットの方たちが酸っぱさマシマシになったんじゃないかと、ちょっと気になった・・・。

PageTop

ラーメン二郎環七新・新代田店「冷まし中華」

昨日の昼飯は「冷まし中華」を食べに新代田へ。

ラーメン二郎環七新新代田店に到着しますと、
え~っと、二の四の六の・・・20名ちょいの並び。
炎天下に・・・orz
まあ繁盛しているのはたいへんウレシイ!が、真夏の行列はツライのもまた事実。
取りあえず並ばないと食べられないですからね・・・。
そして、いささか白昼夢のようになりかけたころに助手さんから麺量確認。
小ブタで冷まし!とココは元気よく。
更に待つこと暫し。やっと店内券売機前へ。
小豚の食券を購入。さらに「冷まし中華」が100円、なまたまご50円、ボロ肉100円。
ご店主から「この時間はめずらしいですね?」「この後、ギターウルフを観に行くんでちょっと遅めに来てみました」
なんてやり取りを。

まずはボロ肉。NGGM味だそうでして、ニンニク、ガーリック、ゴマ、マヨネーズでブタが和えてあります。
7-10 001
これだけで食べると意外と薄味で、う~んコンビーフと云うよりはリエットみたいな感じですね。
ちょっと塩味を強くしてカナッペにしたら美味そう。
続いてなまたまご。
7-10 002
僕のロットは全部で6杯だったかな、全員冷まし中華ですね。
量産型と違って、本日は麺を水でしっかりと締めております。
コレはけっこう手間ですからね、やはり助手さんが2人居ないと無理だなぁ。
冷まし中華(ちゃんと水で〆るぜヴァージョン)でコールはヤサイ。
ホントはアブラコールしたかったんだけど、この後ライヴだから涙を飲んで諦めました。
7-10 003
7-10 004
美味そう!
7-10 005
オンリーモヤシなヤサイはナムル風。
コレを混ぜる訳ですよ。ひたすら混ぜる。
うん美味い!前回食べた量産型とちがって、ゴマ油の香りは特に感じなかったけど、
あまじょっぱいタレがやや縮れの入った極太麺によく合う。なつうかモキュモキュした歯応え。
このままでも充分に美味いが、やはりアブラコールをしたかった。
7-10 006
豚も肉肉した美味い物。
7-10 007
途中でなまたまごも投入。これも鉄板ですな。
7-10 008
そしてボロ肉も投入。う~ん美味い!丁度タレと合わさって好い感じの塩加減。コレはよく合う!
7-10 009
ふう・・・御馳走さまでした。たいへん美味しかった。

ちなみに新新代田店のご店主も、17日はチャリティーに参加との事なので「野猿で待ってますよ~!」とお店をあとに。

さて、代官山へ。

PageTop

ラーメン二郎環七新新代田店「冷まし中華」

今日の昼飯はラーメン二郎環七新新代田店へ。
7-2 001
到着時、ちょもさんの姿見当たらず(笑)
あ、すいません内輪のジョークってウザいですよね。
それはさて置き。
開店前の到着ですが、思ったほどには暑くなく比較的快適に待ちます。
ほぼ定刻に開店。メガネの助手さんが麺量の確認に。
ご店主と挨拶を交わしながら、券売機で小豚を購入。
プラス現金50円で、本日のお目当て「限定版量産型冷まし中華」をお願いする。
ちなみに量産型だと
水冷式だった麺(要するに水で〆るってことでしょうね)が、空冷式に。
ナムル風だったヤサイが、ノーマルなヤサイに。
と云う事で、ある程度の手間を省いて量産化に成功。50円に値下げしたと。
正直言うと量産型じゃない方が食べてみたかったけどなぁ・・・。
デスメタルに耳を傾けながら、厨房内の作業を見つめる。
限定版量産型冷まし中華でコールはアブラ。
7-2 002
7-2 003
冷まし中華と云う名前ですが、熱いです(笑)
冷やしたい気持ちはあるけれど、冷めてないだろうから「冷やし中華」とは名乗れない
でも冷ましたいんだ!、だから「冷まし中華」みたいな感じで名付けられたんでしょうか?
取りあえず普通に熱々です!
丼の縁には柚子胡椒が。
7-2 004
先ずは混ぜる。汁無しと違って混ぜる用の別丼が無いので、結構大変なんですが
取りあえず混ぜる。レンゲがあると混ぜやすいんだけどなぁ。
7-2 005
オオ!美味い!ごま油かな、香りがフワッとした。
南蛮漬けっぽいって云ったらいいのかな、甘みと酸味があって激ウマ!
7-2 006
豚も味が染みて美味い物。満足満足。
途中もひたすら混ぜながら食べ進む。
なまたまごも頼めば良かったな・・・間違いなく合うと思う。
7-2 007
飲んだ訳じゃないんですけど、食べ終わるとこんな感じ。
スープ入ってないですからね。
コレは美味いなぁ。また来なきゃな!

PageTop

環七新・新代田店で「汁無し」

昨日の昼飯はラーメン二郎環七新・新代田店へ。
お目当てはつけ麺なんですけど。さて。
午前中の用事をパパッと片付けまして新代田へ。
丁度11時の開店の頃に新代田駅に到着。
外待ちは3名ほど。そのまま並びます。
キツイ日差しに煎られるように並んでいますと、助手さんが麺量確認に。
「つけ麺やってますか?」「今日はつけ麺やってないです、汁なしがあります」との事なので
「小の汁なしで」とお願いする。つづいて「ブタは?」と訊かれました。
あれ?ブタもこの段階で訊かれるんだっけ・・・。
考えていなかったので「ブタもお願いします」と咄嗟にお願いしたんですけど、
そういえばブタダブルもあるよな・・・。ダブルにすれば良かったなとかウジウジ考える。
「太陽が眩しかったから」とムルソーのこのセリフは汎用性が高いなと
カミユに感謝しながらも、俺は誰にイイワケしているんだ!
・・・と、そのまま列が進み小豚の食券を購入。すぐに席が空き着席。
デスメタルに聴き入っていると、ご店主から「お久しぶりですね~」
「スイマセン、イナカからなんでナカナカ来られなくて・・・」とイイワケ。
イイワケばかりの人生。ブルーハーツの「ラインを越えて」がオイラのテーマ曲。
ついでに現金50円で玉ねぎをお願いしまっす!
6-18 001
小豚汁なし(っていうか正式には“スープ抜き”じゃなくて“汁なし”になったのかな?)でコールはアブラのみ!
6-18 002
6-18 003
ヤサイの上にカエシに漬かっていたアブラ、そして更にヤサイを一つまみと云う盛り付け。
ご店主から空の丼を渡されて、汁なしの美味しい食べ方を教わる。
1、空の丼の方に、ヤサイも豚もいったん移す。
2、麺とタレと云うかカエシを混ぜまくる。
3、麺に、カエシと元々入っている脂が完全に混ざるようにして食べる。
4、ヤサイやブタなどは随時麺の上に戻して食べ進む。
アブラとカエシで食べるように作ってあるんで、混ぜ方が足りないと本来の美味しさが出ない訳ですね。
6-18 004
美味そうなブタと
6-18 005
ヤサイ達を移動。
この段階で、助手さんから「玉ねぎキムチありますよ~」と声がかかる。
「あ、貼り紙は忘れてた」って(笑)
じゃあ玉ねぎキムチと生たまごもお願いします!と150円提出。
「野山商店の玉ねぎキムチですよ~」
6-18 006
これだけ食べると結構辛い。
でもって麺は
6-18 007
6-18 008
ちょっと絵的には美しさに欠けるんですが(笑)、混ぜると美味い。
レンゲがあると混ぜやすいと思うんですけど。
基本的にスープが入ってないですからね、出汁的な要素はアブラの旨味で。
6-18 009
ジャンクな美味さ。大でも良かったな。前回よりもうまく感じるのは、やはり混ぜ方の差かな。
関内店などの汁なしと違って卵黄が入ってないですから、
後半から全卵のなまたまごを投入。マイルドになってサクッ完食。
6-18 010
ホントはつけ麺が食べたかったんですけど、汁なしの美味さも間違いないんで
両方あったらけっこう悩むと思う。

ご馳走さまでした!また食べに行きます!

PageTop