カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ラーメン二郎小岩店

土・日・祝は休み、平日も昼の部のみと云う、ある意味最難関な二郎。
それがラーメン二郎小岩店。
今日は小岩まで行ってみよう。

開店前の到着。すでに並んでますねぇ。
店前に並びきれませんので、第2のカラーコーンの方に行列ですね。
開店時には15人以上並んでいるようでした。
えーっと、二郎としては麺量少なめと情報を得ておりますが、今日はもう一軒くらいは行ってみようかと。
なので小ラーメンをポチっと。
店主とおばちゃんな助手。結構綺麗な店内ですね。クーラーが効いていて快適。
レンゲは無し、小岩警察署の連作先はあり、水はセルフ。
8-27 001
作業を見ていると、茹でたヤサイに柄杓の水を一杯だけかけてた。温度を下げるためだろうか。
ちなみに僕が見ていた限りだと、水をかけたのは一回目のヤサイだけだった。なんか不思議。
さて、小ラーメンでコールはニンニク無し。
8-27 002
8-27 003
ノーコールなのでもちろんニンニクは無し。
8-27 004
あ、美味しい。なんかですねとんがった感じの無い二郎。
8-27 005
ブタは2枚で、味はそんなに染みていないが、肉の味がするブタ。
8-27 006
スープはこんな感じで非乳化の醤二郎。
少し豚出汁が弱く感じたが、醤油とみりんの甘みのバランスよく美味い。
とんがった感じの無い優等生的な二郎と感じた。
美味しかったんだけど、平日昼の部のみと云うハードルの高さはサラリーマンにはつらい。
量はやはり二郎としては少ない方でしたのでサクッと完食。
ご馳走さま~っと退店。
さあて、もう一軒くらい食べちゃおうかなと。
豚骨一燈が近いし、麺屋一燈・ラーメン燈郎は隣の新小岩。
亀戸二郎も候補だな・・・。なんて思っていたら・・・。
つづく。

スポンサーサイト

PageTop