カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ラーメン二郎京都店への旅 前篇~二郎で九条ネギ~

3連休の初日、土曜日の昼飯はラーメン二郎京都店へ。

T-ΛΛЁTÅ∠さん、やじさんじいさんの御三方にお誘いいただきました。
「オイ、カート!昼飯喰いに京都に行くぞ!」「は、はい」
「おやつは300円までだぞ」「バナナはおやつですか?」
あ、俺バナナ嫌いだった・・・。
そんな会話があったような無かったような・・・。

爆音でBorn to be wildが流れる車内。夜明けには京都に到着。
ココがラーメン二郎京都店だ!
7-15 001
ひゃーこんなに駅近なんだ。
一乗寺駅から徒歩0分。まだ朝早いので、しずか~に写真を撮ってと。
仮眠もそこそこに整理券をいただきに再び店舗前へ。
きわめて感じの良い助手さんから整理券を受け取って、
さて、どうしましょう。
集合時間までの話は後編で。
はい、集合時間です。
関西在住のブロガーkontaさんと店舗前でご挨拶。
集合時間と番号の書かれた整理券を助手さんに渡して、
店舗脇の入り口前に整列。正面は出口なので、脇の路地みたいな所に並ぶのですな。
店舗前に行列が出来ないように考えられた京都システム。ナルホドねぇ。
並んでいるうちに麺量の確認。
当日のツイッターで「汁抜き」をやるとの事でしたが、初訪問なのでデフォを選択。
7-15 028
7-15 029
ラーメン(並)と豚増し(ブタはWもありました)、そして九条ネギの食券。
ちなみに僕はこの時点では連食のつもりでしたんで「大」とブタダブルは回避。
冷房の利いた店内は、外の酷暑とは比べ物にならない快適さ。
自販機が店内にありますんで、黒ウーロンも購入。
先ずは九条ネギから。
7-15 030
四人全員九条ネギをオーダー。
7-15 031
ちなみに僕は連食のつもりだったので(しつこい)、なまたまごも回避したんでした。
小ラーメンの豚増しでコールは「そのまま」
7-15 032
ヤサイはシャキ。
7-15 033
麺は、う~ん個人的には京急川崎店に一番感じが近いと思った。
川崎ほどには柔らかくないですけど、稲庭うどんぽいと云うか。
割と伸びやすい麺みたいで、食べ始めと食べ終わりでは結構固さが違うように感じた。
たしかロット4番目の提供で1抜けだったんで、僕の食べるのが遅い訳では無いと思う。
7-15 034
非乳化のいわゆる醤二郎。
油も思ったほどは入っていなくて、僕が食べた二郎の中で一番のアッサリ系。
でも結構美味い。
7-15 035
ブタは2種類のようだ。トロトロではないが、味が染みてしっかりとした肉。
新新代田にブタは近いように感じた。
後半ネギを投入。
7-15 037
九条ネギ合いますね!僕はコレかなり好きな取り合わせです。
アッサリ系のスープにネギがとても合います!こりゃ美味いぜ。
次の機会があったらネギダブルにしたい。
7-15 038
ズバッと完食。御馳走さまでした、美味しかったです!と退店。
店の前に先ほどの整理券担当助手さんが居たので、小ラーメンの麺量を訊くと、350gくらいとのこと。
確かに少なくは無かったです。でもアッサリ系のスープなんでサクッとイケちゃいますね。
さて次は何処で連食しますか!あ、皆さんお腹一杯ですか・・・。そうですよね。
と云う事で、一路東京へ。

スポンサーサイト

PageTop