カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

映画「月のひつじ」

映画「月のひつじ」を観てみた。

1969年7月。アメリカはアポロ11号を打ち上げ、人類初の有人月着陸を目指していた。
無事にアポロ11号の着陸船は月面に着陸し
人類が初めて月面に一歩を記す歴史的瞬間が世界中にTV中継された訳です。
私はまだ生まれてないけど。
月面からの映像を中継するには、当然大きなパラボラアンテナが必要。
月からの電波を受信するのに一番適した場所にあったのは、なんとオーストラリアの片田舎パークスのアンテナ。
牧歌的なオーストラリアの風景に突然現れる巨大なパラボラアンテナ、通称ディッシュ。
NASAからやってきた科学者とオーストラリアの科学者が力を合わせて、歴史的なイベントに挑むが・・・・。

のどかな雰囲気の映画です。ぜんぜん月着陸とかアポロ計画とかって雰囲気じゃない。
そこが好い感じの映画です。
世界的な大イベントに舞い上がる街の人々。
プレッシャーをひしひしと感じるディッシュの科学者たち。
そして襲い来るアクシデント。
そうなんです、のどかな映画なのにアクシデントが起きるんですよ。
でもやっぱりのどかで牧歌的。緊迫感が有る様な、無い様な。
結構好い映画でした。お薦め。

スポンサーサイト

PageTop