カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

R.I.P.水木しげる

「墓場の鬼太郎」「河童の三平」「神秘家列伝」などでおなじみの水木しげるが亡くなった。
水木さん(水木しげるの一人称が「水木さん」だった)は戦時中ラバウルに出征し
爆撃により左手を失った。
復員してからは紙芝居や貸本漫画を書き続け、ガロで雑誌デビュー。
僕がガロを読み始めたころには、もちろん水木さんのマンガは載って無かったけれど
アニメの「ゲゲゲの鬼太郎」は好きだったなぁ。
僕が視ていたのは第2期の再放送で、第1期も再放送で視た記憶がある。第3期以降はちょっと・・・。
小学館文庫だったかなぁ、文庫サイズの鬼太郎の単行本も集めてたけど、実家にまだあるはず。
あの緻密な背景と、独特の世界観。
ご本人もかなりの奇人で、そこがまた魅力的だった。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

PageTop