カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

鍋二郎 八王子野猿街道店2

鍋二郎してみたかったのよね。
でも、仙川から持って帰るとかちょっと無理なので・・・・と思ってたんですがね。

野猿で今度鍋持ってきます!待ってますよ。との事なので、早速鍋持参で。
外待ち無し、中待ち満席。
券売機の前で「どうも~っす、鍋でお願いします!」と、周りの視線が微妙にイタイ。
麺上げは河本君。食券をもぎりに来たので鍋を渡して「3人前でウズラとニンニクもね」とお願いする。
ご店主から「何分くらいかかるの?」「15分くらいかなぁ」「車で食べちゃえば?」「アハハッ」
ロットファーストの提供で「どうも~っす」と、車へと急ぐ。
持参のサランラップで蓋が外れないようにと。さて、何分で帰れるか。
車の中は二郎の匂いが充満。なんか爆笑の車内。いたずらが成功したガキみたいな気分。
さて、20分かからないで帰宅。
10-25 001
10-25 002
10-25 003
想像以上に大量。みっちりと二郎である。
10-25 004
生玉子載せてみた。
10-25 005
麺は当然ノビテいるが、そうっすね三田のデフォくらいのデロ具合です。
味よりもイベントイベントと思ってたんですが、まだ冷めてないし美味しい。
ビール飲みながらゆっくり味わう野猿の鍋二郎。



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する