カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

北尾トロ・えのきどいちろう「愛の山田うどん『廻ってくれ、俺の頭上で!!』」

山田うどんをご存じだろうか?
自分は山田うどんを知ってはいるが(ほぼ毎日、仕事中に店舗前を通る)、
いまだかつて食べたことはない。

以前TBSラジオを聴いていたら、北尾トロさんが出演していて「山田うどん」について熱く語っていた。
山田うどんてアレか、かかしの看板のあの店か・・・・。さっき前を通ったな・・・。
なんて思いつつ、面白く聴いていた訳ですよ。
でもまさか山田うどん好きが高じて本まで出しているとは知らんかった。

北尾トロとえのきどいちろう(ナンシー関を発掘した人として讃えられるコラムニスト)の二人が
山田うどんについての熱い思いをぶつけたのがこの本だ。

二人が山田うどんを再発見したのは2011年のこと。
二人とも学生時代には、安くて腹いっぱい食える店として山田うどんをたびたび利用。
しかし、いつの間にか足が遠のいていて。
でも二人は再び出会ってしまった訳ですよ、山田うどんと。
その熱い思いをラジオやら何やらで事あるごとに語る二人。
やがて山田うどんから連絡があり・・・・・。
山田うどん本社に向かう二人。
どっかの本と違って、ちゃんと山田うどんに取材して書かれたこの本なんですが、
山田うどんに対する二人の熱い思いが漲っていて、大変面白い。
なのに、山田うどん喰ったこと無いんだなぁ~俺は。

ということで、さっそく山田うどんに行ってみました。
4-29 004
昼飯時にはやや早い時間に到着。
結構広めの駐車場だけど半分ぐらいは埋まっている。う~ん人気あるんだな。
店内も半分埋まってますかね。小上がりにはファミリー客。そのほか仕事中っぽい人多し。
さてと、パンチセットを食べないと山田うどんの神髄は解らないらしいんだけど・・・・・。
ちなみにパンチセットとは、うどん又はそば+ご飯(中盛り)と漬物にもつ煮込みがセットになったもの
もつ煮込み=パンチ・・・・・。う~ん、そのセンスに少し感動・・・はしないか。
結局期間限定メニューらしきあさりのかき揚げうどんを大盛りで。
サイドメニューでパンチを追加。
4-29 001
4-29 002
食べてみると・・・柔らかくてコシが無い、うんこれは給食で出たソフト麺だな。
じっさい埼玉県の学校給食用にソフト麺を納めていたりしたらしい。
最近は美味いうどん=コシが強いと考えらがちだが、伊勢うどんのように長時間柔らかくなるまで茹でたりする訳で
コシが弱い=不味いというのも如何なものかとは思うが、このコシの無さは好みの分かれるところだろう。
4-29 003
ふ~ん。なんというか普通の味(笑)ですね・・・。

自分は単品で注文した訳だけど、セットだとご飯も付くので炭水化物のダブルパンチ。腹に溜まりそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する