カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

桜井画門「亜人 4巻」

桜井画門の「亜人 4巻」を読んでみた。

政府研究機関からも、同じ亜人である佐藤・田中コンビからも姿を隠した圭。
一方、佐藤は一般人に紛れた亜人たちを(数名とは云え)集めることに成功。
佐藤は新たな計画を亜人たちを告げる。
さらに、佐藤の許から逃げ出し、機関からも追われる身となった亜人の少年中野功は、
佐藤の計画を阻止するために圭と合流するが・・・・。

中野功君が今後どうなるんすかねぇ。
立場的には圭と同じ状態になった訳ですけど、2人の考え方には大きな隔たりがある訳ですよ。
それとは逆に、ある意味、佐藤と圭は似ていると思うんですよね。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する