カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

藤井太洋「オービタル・クラウド」

藤井太洋の「オービタル・クラウド」を読んでみた。

2020年、流れ星情報〈メテオ・ニュース〉を運営する木村和海は、
衛星軌道上の宇宙ゴミ「デブリ」の不審な動きに気がつく。
折しも、高名IT起業家が民間宇宙旅行のプロモーションで衛星軌道ホテルに滞在すべく
宇宙に飛び立つ。
アメリカの起業家、CIA、NORAD(北米航空宇宙防衛軍)、モーリシャスのアマチュア天文写真家
JAXA、イランの科学者、そして謎のテロリストを巻き込んだスーペス・テロの渦中の人となる木村。

単純に面白かったっす。
スペース・テザーと云うあらたな宇宙開発の可能性が、テロリストの秘密兵器としてスペース・テロに悪用されていく様。
そしてそれを何とか阻止しようとするプロ・アマが、国家やら立場の枠を超えて協力する様は単純に楽しい。
ずいぶんと懐かしいSDI計画なんかも登場。
ただ、あまりにも有能なメンバーが都合良く登場して、大した破綻もなくサクサクと問題解決っていうのは
ちょっとご都合主義的すぎるのでは。ほぼ人的損害もゼロだし、結局みんな善人だし。
例えばトム・クランシーと比べる(ほぼ新人の作者をトム・クランシーと比べるのはちょっと意地が悪い気もするが、
ジャンル的にはしょうがない訳です)と、どうしたってリアリティとか人物の書き込み(この点はかなり減点)などの面で
まだまだ差がある。
でも、逆に云うとトム・クランシーと比べたくなる程度には出来が良いとも云える。
と、文句は云ってみたものの、充分に面白いおススメ作です。この作者はこれからもっと伸びそうだと期待大。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する