カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

貞本義行「新世紀エヴァンゲリオン」14巻

何年かかったのかわからないけれど、コミックス版の新世紀エヴァンゲリオンが14巻で完結。
おめでたいのでプレミアム限定版の方を購入。
「YOSHIYUKI SADAMOTO WORKING MUSIC CD」
書き下ろしイラスト収録のブックレット
1~14巻の全巻収納ブックエンド
14巻の限定版オリジナルカバーの4点ががおまけとして付いている。
ちゃんと発売日に届いたんですが、正月に読もうと取っておいた。

さて内容の方ですが、ほぼ旧映画版いわゆる夏エヴァに準じたエンディングなんですが、
意外とあっさりと描いている。
95話で完結して、おまけとして「LAST STAGE」「EXTRA STAGE」の2編も収録。
ネタばれになるので内容は割愛。LAST STAGEなかなか好い話。
まあやっと終わって良かったよ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「EXTRA STAGE」を呼んで、なぜマリが最初から「ゲンドウ君」と呼んでいるのか、そして昭和の歌を口ずさむのか納得しちゃいましたよね! 

そうそう、こんなのもありました。
http://rocketnews24.com/2014/12/25/524800/

38p | URL | 2015-01-06(Tue)04:13 [編集]


Re: タイトルなし

38pさん、こんばんは。


> 「EXTRA STAGE」を呼んで、なぜマリが最初から「ゲンドウ君」と呼んでいるのか、そして昭和の歌を口ずさむのか納得しちゃいましたよね! 
ここで繋がってるんだ~って感じでしたね。
そう云えば今年って、エヴァの設定ではシンジが第3新東京市にやってきて物語がスタートする年ですね。

> http://rocketnews24.com/2014/12/25/524800/
これ知らなかったです。情報有難うございます!

kurt13 | URL | 2015-01-06(Tue)21:32 [編集]