カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

外苑前の「PMMEKEポムケ」

昨日の昼飯は地下鉄外苑前駅のそばにある
ベルギーフライドポテト専門店の「POMMEKEポムケ」へ。

よくフライドポテトのことを「フレンチフライ」って云うじゃないですか。
英語では「チップス(フィッシュ&チップスのチップスですね)」って云う訳です。
我々が「ポテトチップス」と呼ぶものは英語では「ポテトクリスプス」って云うと。
でもって米語ではフライドポテトのことを「フレンチフライ」と呼ぶのが一般的(らしい)だと。
因みに英語圏ではフライドポテトだと揚げたポテト全般を指すので、
フレンチフライ・ポテトチップス・ハッシュポテト(ハッシュブラウン)など全部を含むらしい(笑)。
外国語とか得意じゃないんで、「らしい」とか付けちゃう訳ですが。
え~話を続けますと、フランス語だと「フリット(ポム・フリット)」と云うんですよね。ステーキ&フリットとか。
ベルギーでは「フリッツ」と呼ぶんだそうで。
で、どうやらフリッツつまりフライドポテトの元祖は俺たちベルギーだと。
はい、話が長くなりましたが、元祖フライドポテトの国ベルギーのバルト・サブロン氏が
駐日ベルギー大使館で料理長を務めているときに「東京にベルギーフライドポテトの店がないのはおかしい!」と
昨年この地に開いたのが「ポムケ」なんですね~。ウンチク長いな~。
1-31 009
到着~。うお、想像以上にお店が狭い。
カウンターでのスタンディングでイートインもしくはテイクアウト。
まずはポムケのL
1-31 004
こぼれそうな山盛り具合。
+100円で「サムライ」ディップを追加。
1-31 005
このサムライソースってベルギーでは一般的なんだそうで、
マヨネーズにハリッサと云う唐辛子ベースの調味料を加えて作る。
ちょっと画像では判りにくいですが、赤い粒粒が浮いているように見えまして、
うん?明太子いり?とか一瞬思っちゃう感じでした。
ピリ辛で結構美味しい。
ポテト自体はビンチェ種のジャガイモをベルギーから直輸入しているそうで、
2度揚げしてあります。
最初は低温で揚げ、一度休ませてから高温で揚げなおすと、
中はホクホク、外はカリっと揚がる。
確かにホクホクで身が詰まった感じの食感で大変美味しい。
因みにフライドポテトって皆さんケチャップ派?僕はマヨネーズ派です。
1-31 006
サイドメニューで「ヴォル・オー・ヴァン」
1-31 006
1-31 007
多分「ヴァン」がワインで「ヴォル」が鶏のことだと思うので、鶏の白ワイン煮込みって意味ですかね。
これ激ウマ!鶏肉・マッシュルーム・シイタケ・肉団子が入っていて凄い美味しい。
これにポテトを入れて食べるのがおススメ。
1-31 008
うん、美味しい店発見。
ポテトは結構量が多いので、サイドメニューを一品とベルギービール(今回はコーラにしたけど)を頼めば
意外と腹いっぱいになると思う。
注文が入ると揚げてくれるのでアツアツだし、やや接客はぎこちない(まだ不慣れなんだと思う)けど
そこもアットホームな感じで好感が持てる。
店内が狭小なのが難点だけど、長っ尻せずにサクッと食べてでるのが粋なんじゃないかと。
次回はビールも飲んじゃおう。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する