カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

築地の「きつねや」

今日は築地に朝飯を食いに行ってみた。築地初訪問。
随分早起きしたつもりだが、築地的には遅めの到着。もう人がイッパイ。
お目当ては築地場外の「きつねや」の「ホルモン丼」。
歩道は食べる人、買う人、歩く人、売る人、飲む人、なにしろ人が多い。
4-4 004
きつねやの前には順番待ちの行列。10名ほど並んでたかな。
「きつねやの列ですか?」と最後尾の人の確認して並ぶ。
ここのお店は回転が速いのですぐに自分の順番。
カウンターって云うのかなんと云うのか、なにしろ店頭でホルモン丼と肉豆腐を注文で丁度1,500円。
ビール飲みたいけど・・・次回にするか。
さて、すぐにご提供。
4-4 007
ちゃんとお茶も付くんだね。お盆を持って歩道の立ち食いコーナーへ。
4-4 005
八丁味噌で煮込まれたホルモンがご飯の上にドサッと。さらに長ネギ。
見た目ほどにはしょっぱくない。ご飯のヴォリュームは然程でもない。
下処理が良いのか、臭みはなく美味い。脂も抜けた感じで朝からサクッとイケる味。
個人的にはもっと脂が残った方が好きだけど、そうすっと朝から食べるにはつらいかもしれない。
4-4 009
肉豆腐は豆腐がデカイ。こちらよく煮込まれて肉は脂が抜けた感じ。但し液体油は多い。
ホルモン丼に比べて味は濃いめ。ご飯が欲しくなる味。
肉は豆腐のための出汁と云う感じで、コレは肉がメインなんじゃなくて豆腐がメインなんだな、きっと。

女房と待ち合わせなんだけど、暇なので玉子焼の築地山長の「串玉」。
要するに串に刺した一口サイズのたまご焼き。
注文すると甘いのか甘さ控えめか聞かれるので、甘さ控えめで大根おろしも掛けてもらう。
4-4 011
出汁はそんなに効いていなくて、玉子の味が前面に出たもの。
4-4 012
職人さんが玉子を焼いているのを眺めながら立ち食い。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する