カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ヴァン・ドゥ・リュドVENT DE LUDO渋谷店

今朝のパンは、昨日女房に買ってきてもらったヴァン・ドゥ・リュド渋谷店のパン。
フランスのブルターニュ地方出身のリュドヴィック・リシャール氏のお店。
氏の愛称であるリュドから店名を取っていて、「ヴァン・ドゥ・リュド」は「リュドの風」と云う意味だそうだ。
ブルターニュと云えばシードル、海産物、そしてそば粉を使ったガレット。
だからそば粉のパンがあるのかしらん。
4-12 001
フレンチブルーなショッパー。
4-12 002
上がミートパイ、下がアンチョビーとオリーブ。
どちらも美味い。ミートパイって置いてる店少ないのよね。ここのは大変美味しい。
4-12 003
上が普通のクロワッサン、下がそば粉のクロワッサン。
そば粉のクロワッサン美味しい。然程そば粉の香りは感じないが、生地がモチモチしてましたな。
4-12 005
なるほど、断面を見ると生地がそば粉の色です。
4-12 004
リンゴのそば粉パン。軽く温めるとリンゴの香りが大変ヨロシイ。
4-12 006
4-12 007
そば粉のバゲット。コレはそば粉の香りがわりと強め。蕎麦大好きなんで、これも好いっすね。
結構レベルの高いパンたちでした。今度は自分で行ってみなきゃだな。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する