カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

日本橋「天ぷらめし 金子半之助」

ラーメン二郎三田本店をあとにして、日本橋へ。日本橋って云うか三越前ですかね。
ぬう・・・どこも開いてなくて暇だ・・・・。まあ、こんな時間に来た自分が悪い訳ですけど。
さて、やっと女房と合流して昼飯。まだ二郎を食べ終わってから2時間と経ってないけど・・・。
コレド室町すぐそばの「天ぷらめし 金子半之助」へ。
4-25-1 015
10時開店なので、まさに開店直後に行ったんですが、すでに先客あり。
自分たちが料理を待っているうちに満席になり、外待ちの方もいらっしゃいましたね。
随分と人気のお店のようです。
注文したのは「穴子の天ぷらめし」1,380円。
4-25-1 014
4-25-1 009
まずはご飯(結構大盛り)、浅蜊の味噌汁。
カウンターの上に自由に取れるように白菜の浅漬け、きんぴら牛蒡、柚子風味の烏賊の3種が
箸休めとして置いてある。
でもって天ぷら第一陣
4-25-1 010
舞茸、しし唐、穴子、そして玉子。
うす衣で軽い揚げ上がり。天つゆは随分と味の濃いもの。
悪くないっす。値段を考えるとかなりの物。
4-25-1 011
4-25-1 012
玉子はお店おススメ通り、ご飯に乗せて醤油と一味山椒をかけていただく。
なるほど生たまごのTKGとはまた違って美味いね、こりゃ。
でも一味山椒は要らないかなぁ。天つゆをかけたほうが美味いかもしれない。
そして天ぷら第二陣。
4-25-1 013
海老と南瓜とかしわ(鳥の天ぷら)と烏賊のかき揚げ。
いや僕はね、天ぷらってかき揚げが一番だと思う訳ですよ。
さらにいえば、個人的には海老よりも銀宝とか穴子の方が好きだ。
ついでに云えば海老はフライよりも天ぷらだ。

美味い天ぷら屋って法外に高いっすからね~、天ぷら屋なんて随分御無沙汰だ。
こちらのお店は天ぷらめし、要するに天ぷら定食が1,000円でおつりがくる。
穴子の天ぷらめしまたは海老の天ぷら飯でも1,380円とかなりのお値打ち。
もっとうまい天ぷら屋はいくらでもあると思うが、この値段でこの場所でと考えると
かなりお得だと思う。

さて、デザートが食べたくなり、高島屋まで歩いてアルポルトカフェでジェラート。
4-25-1 016
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する