カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

畠中恵「えどさがし」

畠中恵の「えどさがし」を読んでみた。
しゃばけ」シリーズの外伝の短編集。
若だんなと出会う前の(と云うか若旦那と出会ういきさつ)佐助こと犬神の話。
明治になって20年以上たった世での仁吉の話。
この二つがメインですかね。
その間には本編のしゃばけシリーズと同時代の話で、普段はわき役の登場人物がメインになった話で、
若旦那はいずれも直接は出てこない。
面白かったんですけどね、こういうのを読むとシリーズも終わりが近いのかなぁ・・・と
ファンとしては、やや複雑な気持ち。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する