カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

小野不由美「鬼談百景」

小野不由美の「鬼談百景」を読んでみた。

実話系怪談集と云うことで良いんでしょうか。
特筆するほど怖い話は収録せれていませんが、
実話っぽい怪談が淡々と語られる。
怖い話ではなくて怪しい話と考えれば、これで良いのかもしれないけれど、
怖いのを是非と思って手に取ると物足りないかもしれない。
「残穢」の元になる話も収録されているので、一応読んでおいた方がイイかと思った次第。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する