カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

高野和明「ジェノサイド」

高野和明の「ジェノサイド」を読んでみた。
“ジェノサイド”って1944年に作られた造語だって知ってました?
僕は知らなかった。
民族や集団を絶滅させる行為を指すんだと僕は理解しているなんだけど、
本作でジェノサイドされようとしているのは?

主な舞台は日本・アフリカ・アメリカの3つ。
まずはアフリカ。
イエーガーは元グリンベレーの隊員だったが、一人息子のジャスティンが2歳で難病を発症。
莫大な治療費を稼ぐために軍を辞め、民間軍事会社にリクルートした。
イラクでの任務を終え、現在では9歳になりポルトガルで治療を受ける息子のもとへ向かうはずだったが
上司から高報酬の任務を持ちかけられる。
向かったのは南アフリカ。
4名でチームを組み、コンゴに潜入。
ピグミー族のある集団を殲滅し、ピグミーに同行するアメリカ人の人類学者も殺し、
さらに「見たことも無い生き物に遭遇したら、真っ先に殺せ」と指示される。
命令にたじろぐイエーガー達だったが、致死率100%の新種のウイルスに感染した集団を抹殺することで
人類全体を救うためだと説明を受ける。
続いて日本。
大学院で創薬化学を学ぶ小林研人は、父の葬儀を終えて研究室に復帰すると
亡くなったばかりの父親から自動送信メールが届いていた。
端折って云うと「私が戻れなかった場合はおまえが研究を引き継げ」と、
偽名のキャッシュカードと2台のノートパソコン、そして研究設備の(ある程度だけど)整った
コレまた偽名で借りていると思われるアパートの一室が用意されていた。
ある難病の特効薬を期日までに創れ。そして誰にも云うな、一人で行え。
身の危険を感じたら投げ出して構わない・・・。
いつか一人のアメリカ人が訪ねてくる。そのアメリカ人に薬を渡せ・・・って、マジで?
続いてアメリカ。
幼少時より知能指数がきわめて高かったアーサー。
長じて金銭欲も権力欲もないアーサーは、並はずれて高い知識欲を満たすべく
様々な講義に顔を出し、“観察者”になった。
研究所を渡り歩き、若くしてたどり着いた就職先はワシントンDCに本拠を構えるとあるシンクタンク。
その最大の顧客はCIAと国防総省。
上級分析官として政府の汚さの観察にも飽きたアーサーは転職を考えていたが、
上司から「ハインズマン・レポート」なるものの分析を命じられる。
このハインズマン・レポートが、アメリカ政府を震撼させ、3つの舞台を結びつけることになる。

ここまでが準備段階なんですけどね、最後まで面白く読めましたね~。
この手の世界を股に掛ける軍事スリラー的なのを日本人作家が書くと、
たいがい背伸びしちゃってる感が気になるもんだけど、
本作はそう云う感じはなく、しっかりと骨太な出来。
若干都合が良すぎる展開ではあるものの、たいへん面白い。おススメ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する