カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ラーメン二郎八王子野猿街道店2「極太てもみんつけ麺」

今日は野猿二郎の50食限定「極太てもみんつけ麺」を食べに。
昼の部開店前の到着。並んでるなぁ・・・。
前方に気合いだぁさんたちハケーン!今日も盛られるのでしょうか!
さて、開店時には結構な行列になってましたが・・・。
12-19 007
えーっと3rdロットっすかね。
「ちーっす」と食券を渡すと、
「・・・(ニヤリ)。普通で良いんですか?DEATHヴァージョンも出来ますよ・・・」
「えっ?じゃ、じゃぁDEATHっちゃおうかな・・・」「了解です」
ドキドキ。
いつもよりも長めの茹で時間みたいでしたが無事「極太てもみんつけ麺の小豚辛い奴DEATHヴァージョン」ニンニク
12-19 008
つけ汁なんですが・・・、食べる前からすでに辛いと云う野猿マジック。
そして極太てもみん麺
12-19 009
美味そう!
12-19 010
この真っ赤っかなつけ汁に
12-19 012
この小麦香る平打ち極太麺を
12-19 011
ドボンと。途端に真っ赤に染まる(笑)
ぬおう、美味いじゃないか!
思った程には麺は硬くない。ジャストな茹で加減。
かん水よりも小麦の香りが強く、つけ汁と良く絡む。
そして思わぬ発見ですが、麺が冷たいといつもほどには辛く感じないと(笑)
ファスロで食べ終わった気合いだぁさんを見送りながら食べ進む。
12-19 013
ブタがいっぱい。フハハハ、美味いぞ。少し辛さでハイになってきた。
12-19 015
粘度の高いつけ汁。ふふふ美味いじゃないか。
もう一杯食べたいが、胃袋は限界だ・・・。
しっかーし、「御馳走さま~」と告げてお店を出ると、そこには衝撃的な光景が。
我が目を疑いながら・・・退店。
続きは気合いだぁさんのブログにて。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する