カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

九段下の成山画廊にて「上條淳士サイン会」

はい、これもまだ土曜日の話ですね。
ラーメン二郎環七新新代田店をあとにし、九段下のチリパーラー9でおやつを食べまして。
そろそろお時間です。
4-30 021
上條淳士のサイン会。
いやぁ・・・大友克洋と並ぶ大漫画家ですからね上條淳士は!寡作ですけど!
私見ですが、バンド物のマンガでは「To-y」が1番ですから!
2番はハロルド作石の「BECK」ですけどね。
でもって、あらかじめ購入しました画集の
5-1 015
このページに!このページに!
サインを頂きまして!
ハンドルネームでは無くて、リアルでのあだ名宛てにサインをして頂きましたので
ちょっとですね、一部隠させていただいてますけど!
でもってですね
「このページにサインできるのは、ぼくも嬉しいです」
とですね!上條先生に!云って頂きまして!不肖わたくしといたしましても!感激した次第であります!
で、握手なんかもして頂きまして、
ちょっとですね、わたくしは!泣きそうだったと!そのように告白したいと!思う訳です。
なぜ、このページのこのセリフが重要なのかと、それは「To-yトーイ」を読んで欲しいと。説明できないぜと。

参加者には成山画廊から
5-1 016
このような物も頂きまして。誠に有り難いと。わたくし思う次第であります。

若干ですね、文章がオカシイですがこの際、致し方ないものと、そのようにお考えいただきたいと、
そのように思う次第であります。

いや、真面目な話。こんなに緊張するもんかいなと自分でも思ったんですけど、
整理券を持って並んでいるときも緊張してましたね。自分でもびっくり。
どうせ原画展を観に行くなら、サインも貰えれば嬉しいなっと、そう思っただけなんでしたけど
実際に憧れていた方に会うとですね、緊張しますね~。
前職で、某テレビ局の側で働いていたので、いわゆる芸能人とか毎日のように観てたんですけどね
ふ~んって感じでそんなに意識しなかったんですけどね。
あ、そう云えば一度だけ、僕と交代で勤務する遅番の人がですね
「うわ~今アイルトン・セナ観ちゃった!」って云って入ってきた時には
切歯扼腕するくらい悔しかったですけど(笑)


え~そう云う訳でですね、「To-y」完全版全5巻が出ていますので、特にバンドやっている方なんかには
是非お読みいただきたいと思う訳です。
「TO-Y」も良いけど「SEX」もおススメです。ちょっとタイトルが人前では口にしづらい・・・気がしますけど。
絶対に読んで損はないと思う次第であります。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する