カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

フランチェスカ・ヘイグ「アルファ/オメガ」

フランチェスカ・ヘイグの「アルファ/オメガ」を読んでみた。
核戦争から400年後の地球が舞台。
“爆発”の(爆発=核戦争と思われる)影響なのか、人類は必ず男女の双子で生まれ、
死ぬ時も(どんなに離れていても)双子は一緒に死ね(つまり一方を殺せば、もう一人も・・・)世界。
そして双子の片方がアルファと呼ばれる支配階層に、もう一方がオメガと呼ばれる被支配階級となる世界。
オメガは何らかの異常を持ち、額に焼印を押されると云う酷い世界。
そんな世界に生まれた、カサンドラ(キャス)とザックの双子。
一見、2人とも異常は見られなかったが、キャスには超視者と呼ばれる予知能力が備わっていた。
オメガである事を隠し続けたキャスだったが、結局は焼印を押されゲットーとでも云うべき
オメガの村に追い払われる。
やがてアルファとして支配階級内で出世するザックの思惑により“隔離部屋”に入れられる。
キャスは記憶を失った人物とともに逃亡を図る。


3部作のウチの第1部。
いわゆるディストピア物なんですけどね。
ヒロインの名前がカサンドラってひねりが無いと云うか・・・。
正直かなり退屈。だらだらとした展開でさほど面白いとは思えない。
続きは読まないだろうなぁ・・・。


つまらなかったと云えば、先日BSで「男子高校生の日常」の実写映画版をやっていたので
録画して観たんだけど、なんでこうなった!
アニメも原作のマンガもどっちも面白いんですけどねぇ・・・。
スタッフは原作読んだのかしら?ぜんぜん別物で最後まで観られなかった。
「海街ダイアリー」も録画したんだけど、大丈夫かしら。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する