カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ケン・リュウ「蒲公英王朝記 巻の一 諸王の誉れ」

ケン・リュウの「蒲公英王朝記 巻の一 諸王の誉れ」を読んでみた。
ケン・リュウは中国系のアメリカ人で、短編集「紙の動物園」で有名。
本編はケン・リュウ初の長編と云う事なんですけど、ケン・リュウ自体読むの初めて。

どうでもいいんですけど、ちょっとカバー絵がビミョーにダサいのが気になる。
さて、本編ですけど、どこか架空の世界の話。
ダラ諸島には七つの王国が在ったが、ザナ国が新型の飛行船などの圧倒的な軍事力で
他の6国を征服し、ザナ国王は始皇帝としてダラ諸島に圧政を敷く。
無鉄砲な少年クニ、名家の血筋の少年マタ。
二人はそれぞれ皇帝の巡遊を目にし、それぞれの感慨を抱く。
やがて、圧政に対して叛乱が起き、成長した二人の少年も反乱軍に身を投じる。

予備知識なく手に取ったんですけど、読めば誰でもわかるように、
楚漢戦争がモチーフ。
クニは劉邦、マタは項羽と。
どうなんでしょうね・・・。
興しろいかと云われれば、そこそこ面白いけど興しろくはないと云う感じ。
ファンタジー的、あるいはSF的な要素も特に無く、では何故に架空の世界が舞台なのか?
2巻以降でなんか変化球が来るのかな。
イヤそれなりに面白いんですよ。でも司馬遼太郎の「項羽と劉邦」や、
司馬遷の「史記」を読んだ方が数倍面白いし興しろい。
人名がカタカナなのも読みづらいし・・・。
登場人物たちも、やや魅力に乏しく感情移入しがたい。
宦官ではなく、侍従って云うのもなんか意図的なのか?

一応、2巻を読んでみようとは思う。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する