カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

モーニング二郎その2

やぁ皆さん!御無沙汰です!
くっそ忙しくて・・・。
やっと先週日曜日のモーニング二郎の話ですよ。その2ですけどね。
え~っと・・・
どこまで書きましたっけ?
ああ、ドクロ食べて店を出たとこまでっすね。
もうお解りだと思うんですけどね、もう一度並ぶ訳ですよ。
なにしろ乳化系二郎の野猿でですね、今回のモーニングは非乳化と。
ね?
何が「ね?」なのか良く解らないと思いますけどね。
僕としては食べたい訳ですよ。
なら並ぶしかないねと。まぁ、こう云った訳なんで御座いましてね。
さっきよりは短くなった列に並んでおりますと、食べ終わった気合いだぁさんが出てらっしゃいましてね。
確保しました。
二人で並んでますとですね、続々と食べ終わった方が出来る訳でけど、
おまえさっきっ喰ったばっかだろという・・・なんと云うんですかねぇ
まあ、呆れたと云うか、感心・・・はしてないな・・・
やっぱり呆れた顔ですかねぇ・・・皆さん半笑いで僕ら二人を見る訳ですよ。
でも、喰った方が偉いの!と、だぁさんに或いは自分自身に云い聞かせながら並んだんですね。
と云う事で、前置きが長かったんで、後はサクッと。
プチ二郎麺少なめの、脂抜きで!ってお願いしたんだっけかな?
コールはヤサイ少なめニンニク抜き!
1-22 013
1-22 015
こんな感じで豚出汁は効いているものの、コッテリよりもアッサリ(あくまでも野猿二郎にしてはですけど)なスープ。
1-22 014
う~ん。腹いっぱいなのに入っちゃうから不思議なもんだね。
カエシが立った感じのスープでして、サクッと美味しく完食。

と云う事で、無撃沈且つ限定メニューコンプリートの旅は今日も続く。


まる重さんは写真撮らなかったんで割愛しますが、相変わらず美味かったっす!
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する