カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ホワイトデーなのでトシヨロイヅカ。ついでにパレドオールとかプラリベルとか

う~んと、昨日の話ですが、ホワイトデーなので京橋にあるトシヨロイヅカに行ってみた。
え~っと、先ずですね、ヴァレンタインデーにレイから貰ったチョコレート。
2-19 001
新丸ビルにある「ショコラティエ パレ ド オールPALET D'OR」で購入。
ビーントゥーバーBean to barをコンセプトにした三枝俊介氏のお店。
2-19 003
マンダリーヌ、ウィスキー、マールオレンジ、パレドオールノワールの4粒を購入。と云うか買ってもらう(笑)
せっかくなので自分でも
2-19 004
3-5 002
カカオ70%のタブレットを購入。ヴェトナムのカカオ豆を使用したモノ。
どれも大変美味しかった。ヴェトナムのカカオは酸味が結構あるんだね。

ついでに、他の方から頂いた義理チョコ。
2-28 001
2-28 002
プラリベルPralibel。こちらはベルギーのチョコ。

んでもって、本編。
ホワイトデーと云う事で、トシヨロイヅカへ。
京橋エドグラン内にお店があるんですが、1Fがパティスリーとカフェ、2Fがデザートのコース料理が楽しめるサロンになってます。
僕は連れて行っただけでレイが主役ですんで、
詳しくはレイのブログを(いつ記事を書くか・・・)読んでいただくとしてサラッとご紹介だけ。
メニュー
3-11 021
3-11 022
3-11 023
苺のリゾット食べたいの?じゃあ、そっちのコースで。
ついでにモエエシャンドンも。
3-11 010
昼間っからモエか・・・、まあこういうお店だと昼酒でも罪悪感がないね。
3-11 011
3-11 012
フルーツの前菜。
真ん中のクリームは練乳を使った生クリーム。
全体に甘さは控えめでフルーツの甘さを堪能する感じ。
フルーツだとシャンパーニュが合うね。
3-11 013
続いて、トシヨロイヅカのスペシャリテである苺のリゾット。
3-11 014
3-11 015
真ん中の泡はフォームドミルクですかね。
苺の香りが良い感じですけど、はたしてリゾットにして美味い物なのか?
3-11 016
あ~ナルホドね~。パルミジャーノ・レジャーノでコクと旨味が足されていて、苺の香りと意外と合うんですね。
想像よりも美味しい。米と苺の甘さ・・・タマネギも入っているのかな・・・?
ふ~ん、キノコとか意外とベーコンとか入れると合うかもしれない。
あ、モエ飲み終わっちゃった・・・。これはコーヒーとか紅茶よりもワインかねやっぱり。
最後に苺のミルフィーユ。7種類から選べるんで悩んだんですけど、季節的に苺かなと。
3-11 018
3-11 019
周りのソースは苺の炭酸ソース。上のアイスはピスタチオ。
3-11 020
パイ生地は焼きたてなので、凄く軽くてサクサクでナイフで切ると崩れてしまうのでスプーンで頂く。
軽くて苺の風味が活きてますね~。
たいへん美味。
全体に甘さは控えめでフルーツ(今回は苺づくしにしてみました)が活きるように考えられてますね。
寿司屋のカウンターのように、目の前で調理されているデザート。
こう云うのもたまの贅沢としては良いですね。レイも喜んでいたので良かったわ~。
普段苦労掛けてますからね・・・。

さて、昼飯食うか。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する