カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

秋吉理香子「自殺予定日」

秋吉理香子の「自殺予定日」を読んでみた。

主人公瑠璃は高校一年生。
父は有名シェフ。その父を支えた元パティシエールの母。
母が突然病死した悲しみの中、父と娘は仲良く支え合っていたのだが、
父のアシスタントととして若い女性れい子が現れる。
やがて父とれい子が再婚し、疎外感を味わう瑠璃。
ところが、こんどは父までもが心筋梗塞で急死。
継母であるれい子と二人残された瑠璃は、父がれい子に毒殺されたのだと確信するが、
物証もなく、警察には相手にされない。
瑠璃は自殺して遺書を使って、れい子を告発する事を考えつく。
自殺の名所とされる森で首を括り、首尾よく死んだと思った瑠璃の前に、
幽霊である青年、裕章が現れる。残念ながら自殺は失敗。
瑠璃は裕章に説得され、れい子を告発する証拠を探すことに。
ただし期限は1週間。
証拠を見つけられなければ、1週間後の大安の日が、瑠璃の自殺予定日。

まあ面白かったけど、随分とユルユルな話だなぁ・・・。
風水と絡めたのも成功なのか失敗なのか、僕には無用な気がしますが。


関係ないですが、「ブラムBLAME!」をまたしても観てきました。
2回目ですけど、前回見逃していた細かいところとかも色々とチェック。
今回は立川シネマシティまでは行けなかったんですけどね、
映像の凄さにも改めて感心。
エンドロールがウルトラマン・ウルトラセブンぽかったなと思いました。
BDいつ出るのかな・・・。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する