カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ブリューゲル「バベルの塔」展と「ザ・ロースタリー」

先週の土曜日、ラーメン二郎三田本店にて朝食をしたためたあと、
向かいましたのは上野にあります東京都美術館。
4月18日~7月2日の期間開催されております、
ボイマンス美術館所蔵のブリューゲル「バベルの塔」展がお目当て。
ブリューゲル好きなんだよね。ブリューゲルって云ってもピーテル・ブリューゲル1世ね。
息子さん達も画家になったので。
今回はブリューゲル個人では無くて、ボイマンス美術館からヒエロニムス・ボスの油彩を含む
16世紀ネーデルラントの作品が大挙来日。楽しみです。
ボスも好きなんだよね~。
更に目玉がコレ
6-3 006
6-3 007
6-3 008
漫画家・映画監督の大友克洋が、コラージュアーティストの河村康輔と作り上げた
「インサイド・バベル」
ブリューゲルの描いたバベルの塔の内側を大友が描くと云う、お二方のファンとしては堪らんですね。
展覧会場の入り口前にコチラの作品は飾られてましてね。
入る時には混雑していてじっくり観られなかったんですけど、
会場から出てきたらインサイド・バベルの前には誰もいなかったんでじっくり〆に観てきましたよ。
展覧会自体も、ボス、ブリューゲルをはじめ、たいへん興味深い内容で
図録も買っちまいましたな。
NHKの新日曜美術館、BS日テレのぶらぶら美術館・博物館、芸術新潮と予習もバッチリでしたんでね
いやぁ楽しかった。もう一枚のバベルもいずれ観てみたいもんだ。

さて、朝飯に三田二郎を食べてますからね。腹具合次第でトンカツにしようか蕎麦にしようかと
上野にはめったに来ないですから、どちらかを・・・と思ってたんですけどね、
あまりにも腹が減らない(笑)
う~む。仕方がないので原宿へ。
やはりまだ腹が減らない。しょうがないから珈琲でも飲むか。
キャットストリートにあります「ザ・ロースタリー」へ。
シングルオリジンのコーヒーが飲めるお店です。
カウンターでエスプレッソを注文すると、その日の2種類のコーヒー豆からどちらかを選ぶんですけど、
匂いを嗅いでホンジュラスの豆を選択。
ついでにNYリングスといペストリーも。
6-3 010
6-3 011
6-3 012
あら、グラスの形が解りにくいな。香りをかぐためでしょうかね、グラスに入ってご提供。
うん、良い香り。酸味もあるけど、苦味もしっかり。
口直しに炭酸水が、まあチェイサーとして付いてくるんですけど、
6-3 013
う~ん、これコーヒーの後に合わないと思うなあ。
NYリングス
6-3 014
6-3 015
クロワッサン生地を揚げた物。シナモンシュガーが掛ってたかな。記憶がもう薄れてきている。
コレは美味しかったですね。コーヒにも合うけど、エスプレッソよりもラテの方が合うだろうな。
コチラのお店はソフトクリームも美味いらしいんですけど、次の機会に。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する