カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

柞刈湯葉「横浜駅SF」

柞刈湯葉の「横浜駅SF」を読んでみた。
“柞刈湯葉”は“いすかりゆば”と読ませるらしいが、イスカリオテのユダかね・・・。

横浜駅(現在のだけど)は開業以来、一度も完成した事が無い。
いつも必ず工事中である。
そうなんだ・・・。云われてみれば、いつ行っても工事してる気がする。

長期間続いた冬戦争の時代、日本は首都中枢型からJR統合知性体を用いた
分散型の政治体制を戦略的に選択。
やがて化石燃料の枯渇により冬戦争は終結。世界中で人類は壊滅状態になっていた。
黄昏を迎えた人類に対して、暴走した横浜駅は自己増殖を始め、
数百年が経ってみれば、本州の99%が横浜駅に浸食されてしまった。
JR北日本が統治する北海道と、おなじくJR福岡が統治する九州は
横浜駅に対して徹底抗戦をしているものの、四国は既に陥落してカオス状態に。
本州=横浜駅では、脳に埋め込まれたSuikaを持つものはエキナカで、
横浜駅を追われた非Suikaな人々は駅を追われて生活していた。
偶然「18きっぷ」を手に入れた非Suika民のヒロトは、5日間の期限付きでエキナカに旅立つことに。
目指すのはとある人物に教えられた42番出口。
何処にあるのか、何があるのかもわからない42番出口を探すヒロト。
一方、JR福岡に勤務するトシルは武器を盗み出し、
横浜駅の浸食により無政府状態の四国に渡る。
二人を主人公として話は進む。

コレはかなり面白かった。
読みながら椎名誠の「アド・バード」みたいだな・・・と思って読んでたんですけど、
作者自身があとがきで「アド・バード」と弐瓶勉の「BLAME!」の影響を受けたと書いている。
でもですね、単なるパロディとか二番煎じでは無くて、オリジナリティのある名作だと思いましたよ。
各章のタイトルも有名作品のパロディになってたりしてユーモアもあるんですけど、
ちょっとハードボイルドタッチな感じもしたりして、たいへん面白かった訳です。

そんでですね、僕としては「42番出口」について書いておきたい。
“42”と聞いて皆さん気になりませんか!
そうですダグラス・アダムズの「銀河ヒッチハイクガイド」に出てくる“42”です!
「全時代および全宇宙で2番目に凄いコンピューター」である「ディープ・ソート」が
750万年かけて計算した「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が“42”です。
しかし、”42”と云う答えは解ったのに、そもそもの「究極の疑問」がなんなのか?
それを計算するために「全時代および全宇宙で1番凄いコンピューター」が作られたのですが、
それが一見惑星のように見える地球なんですね~。
って読んだ事のない人には全く意味不明だと思うんですが、
バカSFの金字塔である「銀河ヒッチハイクガイド」を読んで欲しいなと。
もちろん「横浜駅SF」も読んで欲しいなと思う訳です。
ちなみにあとがきには“42”について何も言及がなかったので、僕の勝手な思い違いかも知れませんが
SFを書く人なら「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が“42”であることを
知っていて選んだ数字なんじゃないかなと思う訳です。以上、長い蛇足でした。

蛇足その2
「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」でググると・・・
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する