カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

高級食パン「Bread Code by recette」

今日の朝飯は、「Bread Code by recette」の食パン。
1999年に三宿にオープンした「最高級パンのルセットrecette」は
現在では通販専門店として有名なんですが、
鎌倉に「Bread Code by recette」と云うですね、若干リーズナブル(とは云えけっこうお高い)な価格のお店を出していまして、
いつか食べてみたいなぁと思ってたんですが、先日の野猿二郎での13日の金曜日パーティーで
名うてのジロリアン天津さんから分けて頂きました。
天津さん有難うございます。
10-13 023
10-13 022
賞味期限の関係で、スライスして一枚ずつラップで包んで、尚且つジップロックに入れて冷凍しときまして、
解凍せずに今朝トーストしてみました。冷凍・冷蔵しても味が落ちないのが売りなんですってよ奥さま。
10-15 005
レイが云うには、スライスする段階で既にみっちりと詰まった感触との事。
う~ん好い香り。パターと小麦の豊かな香り。
10-15 006
英国王室御用達のフランク・クーパーズのママレードで行ってみよう。
10-15 007
合いますなぁ・・・こりゃ美味い。
続いてカルピスバターで
10-15 010
うむ間違いない。
更にオリーブオイルで
10-15 008
10-15 009
う~ん堪らん。
個人的にはオリーブオイルが一番合うと思う。この辺は好みだと思うけれど。
いやぁ美味しかったなぁ。
もっちりとした食感で、生地の目が詰まった感じでした。香りも歯触りも良かったですね・・・。
耳の部分をレイにとられたのが心残りだ・・・。

天津さん、ご馳走さまでした!
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する