カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

町田康講演会

11月4日は中央大学の白門祭へ。
お目当ては焼きそば二郎!じゃなくて
町田康の講演会。
主催は中央大学学術連盟 文学会さんでして、事前にサイン会の申し込みも済ませたワタクシであります。

町田康は1962年生まれ。
1981年にアルバム「メシ喰うな!」でバンド“INU”のヴォーカルとしてメジャーデビュー。
当時は町田町蔵名義。なので我が家では未だに「町蔵」と呼んでますね。
1992年に詩集「供花くうげ」、93年に詩集「壊色えじき」を出版。
小説家としては1996年に「くっすん大黒」(ドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞)でデビュー。
2000年「きれぎれ」で芥川賞。etc.
饒舌かつ土着的かつユーモアに満ちた特異な文体と、悪夢的かつナンセンスかつ爆笑なストーリーは
物悲しくもあり、破滅的であり、最高のポストパンクなグレートな作家なんである。
まあ以前から愛聴かつ愛読している方なのである。
INUはこんな感じのバンド。
「ダムダム弾」

画像がアルバムジャケットですな。町蔵良い目をしてる。19歳か・・・。
「おっさんとおばはん」

カッチョエエのぉ!
まあINU以降も現在に至るまでパンクスとして活動中。
よく元パンクロッカーとか書かれるんだけど、失礼だから注意するように!
でまぁ、今回「読むことと書くことの関係」と云う講演がを聴いてきた訳です。
10-5 007
パンクの「歌詞」として初めて言葉を綴った時から、現在の小説に至るまで・・・・って、
講演会の内容は書くのが大変なので割愛。聴きに行った人の特権だし。
根本敬の話題が出たのが個人的には印象深いが、
あの場に居た人のうち、いったい何人が根本敬を知っているだろうか(笑)
終了後、事前申し込みしておいたサイン会にて頂きました。
11-4-1 001
イカしたネクタイしてたなぁ・・・。


さて野猿二郎に晩飯食いに行こうっと。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する