カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ケイト・モートン「湖畔荘」

ケイト・モートンの「湖畔荘」を読んでみた。
ソフトカバーの上下巻。
イギリスの片田舎コーンウォールが主な舞台。
1933年にコーンウォールの大邸宅、湖畔荘で起きた幼児の行方不明事件。
現代パートは2003年で、母親が幼児を置き去りにするネグレクト事件が起こる。
ネグレクト事件を担当し、解決しようと深入りし過ぎたが故に問題を起こし、
休暇という名の謹慎中の女性刑事セイディ。
セイディはたまたまランニング中に、打ち捨てられた湖畔荘に迷い込む。
70年前、何不自由のない幸せな一家を襲った、行方不明事件の舞台となった湖畔荘に興味を持ち、
謹慎中の無聊を慰めるために事件を調べ始めたセイディは、事件の関係者に接触を図ろうとする。
一方、事件ののちロンドンに越した湖畔荘の住人エダウェイン家の二女アリスは、
高齢とはいえ売れっ子のミステリー作家と活躍していた。
彼女には事件に関して、人には云えない秘密があったのだが・・・。

事件の起きた1933年のパート、現在の2003年パート、
そしてアリスの両親が出会った1922年と、
時間と場所が章ごとに飛び交うが、上手に描かれるので読みにくさはない。
でも正直なところ、上巻の3分の1くらいまではかなり退屈。
アリスのアシスタントのピーターが登場してから面白くなる。
下巻に入ってからはかなり調子が出てくる。
ただ、最後の解決編は微妙かな。どんでん返しは良かったけど。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する