カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

フェイク・ドキュメンタリー「CSA(アメリカ連合国)」

これも、「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」で放送した物です。

結構凝った作りになっていまして、アメリカの南北戦争で北軍が勝ったと云う史実の逆の世界を描いています。
南軍つまりCSA南部諸州のアメリカ連合国が勝利。
従って、“アメリカ”はUSAアメリカ合衆国では無くてCSAアメリカ連合国になっていしまっている世界で、
イギリスのテレビ局BBS(BBCでは無くて)が作ったドキュメンタリー番組と云う体裁なんですね。
ですので、人種差別・黒人奴隷制度は存続。当然黄色人種も差別の対象。
やがてアメリカはヒトラーと人種政策面で意気投合したりして、日本にまで・・・。
と、厭な世界を描いています。
作中で流れるCMも(テレビの歴史物ドキュメンタリーと云う設定ですから
CMも流れるんですけど)差別的な内容。通販されちゃあなぁ・・・。
楽しくなる映画では無いですけどね、興味深い内容です。
そんな世界でアメリカ文化が(例えばロックミュージックは)どのようになってしまうのか・・。
プレスリーが・・そんなことに・・。マジですか?と云う感じですね。
凝ってるなぁ。
リンカーンがそんな目に・・・。ケネディは・・。
奴隷が逃亡するのはそういう病気って云われても、信じる人は現代では居ないだろうけど
当時(これはフェイクじゃなくて実話らしいです)は信じる人が居たのかと思うと、哀しくなるよね。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する