カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

相模原の大勝軒 金太郎

仕事中、相模原のアイワールド付近を通過。
丁度昼飯時だったので、ラーメンでも。

この辺のラーメン屋の林立ぶりはちょっと(笑)

この辺で自分が良く行くのは六角堂かな。村田屋はリニューアルしてからは未訪問。
長浜も移転後は一回ぐらいしか行っていない。
青葉は開店直後に行ったけど、まだ不慣れな感じがしてやや期待外れだったので、
再訪問しようとは思っているが未だ果たせず。
ラーメン博物館じゃないや、なんだっけ?アイワールドのラーメン館は食指が動かない。
おやじもまだ食べていないなぁ。
と、思いつつ今回は大勝軒金太郎へ。
去年だかに“金太郎”でオープンしたと思うんだけど、いつの間にやら“大勝軒”の文字が看板に。
なんだか、町田の大勝軒の支店(?)なのかな・・。

券売機で食券を購入。“金太郎ラーメン並 豚増し”にしてみる。
“金太郎ラーメン”が二郎インスパイアで、大勝軒系のラーメンはふつうに“ラーメン”とか“つけ麺”と云う事らしい。
野菜はコールでは無くて、野菜増しの食券が必要な模様。
まあ、初回なのでデフォにしてみよう。
店内待ちが10人弱。回転が早く、すぐに着席。
着席時におばちゃんが食券をもぎりつつ、「ニンニク入りますけど、いいですか?」みたいなことを訊いてくる。
少なめでお願いする。どうせ会社に戻るところだし、ニンニク少しぐらいなら良いでしょう。

麺は四角い断面で、やはり二郎とは違う感触。ふーん、こういう食感なんだ〜。
スープは二郎に比べるとパンチが弱く、油も控えめで背油なんか浮かんでません。
まあ、二郎に比べるとかなり軽目。二郎を思い浮かべながら食べると物足りね〜。
豚も、普通のラーメンに比べればちゃんと豚増しなんだと思うんだけど、
野猿ホームの自分の感覚だと少なく感じる(笑)。たぶん、俺が変なんだと思うけど(笑)
でも、二郎未体験の人ははたぶん豚が多いと感じるんじゃないかな。
一応、野猿二郎の小ぐらいかと思うのですが、食べてみると意外と量が少ない。
大でもいけたかなと思う。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する