カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

映画「容疑者Xの献身」

とりあえず、柴崎コウが可愛い。

原作は既に読んでいるのでストーリーは解っていましたが、面白く観れました。
テレビドラマからの映画化(原作はモチロン小説なんですけど、流れとしては
ドラマが人気→当然映画でって云う事な訳で)ではありますが、ちゃんと映画になっている。
特筆すべきは堤真一。嫌いな俳優なんだけど、彼の演技がこの映画の見どころだと思った。
最近の日本の映画としては良い出来だと思う。
堤演じる石神に肩入れして観てしまったな。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する