カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

相模原のキリン食堂

以前同じ相模原市内の星が丘に在ったお店ですね。
確か町田に移転してneoとか名乗っていたと思うのですが、よく知らない(笑)。
仕事でよく通る村富線(県道507号線)沿いの麻溝台に7月6日オープン。
気にはなっていたんですけど、いつでも食べれそうな場所にあるとナカナカ行かないもんで(笑)
今日は余りにも暑かったので、涼しい店の中で昼飯を食べたくなりまして寄ってみるかと。

頼んでみたのは、「肉そば(醤油味)の大盛り」

豚シャブみたいな肉とモヤシ、海苔、メンマ。
醤油色というか真っ黒。
スッゴイしょっぱそうな色ですけど、食べてみると意外としょっぱくない。
麺は細め

結構お腹一杯。液体脂が多そうに見えたけど、食べてみると意外とアッサリに感じた。
醤油は相模原市内の井上醤油の物。美味しい。
次は、潮そば(塩味)を食べたい。クリスマス諸島だかの塩らしいです。
卓上にはコーレーグスとかの調味料が一杯。

ちなみにサイドメニューがやたらと多い。隣の席の方がラーメン+カツカレーを食べていて
羨ましかった(笑)

お店の裏に大きめの駐車場があり、席数も多くて昼時の訪問でもすぐ座れた。
でも、オペレーションが悪いの注文してからが結構長いのが残念。
まあ、オープンしたてだからね。慣れてくれば改善されるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する