カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

「東ゴート興亡史」松谷健二

塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読んで以来、ローマ史とか
ヨーロッパ史に興味があるんだけど
なかなか間口が広すぎて何から読んだらいいのかと悩むところ。
専門的すぎてもツライし、読み物として面白いものが無いかなと・・・。
「ローマ人の物語」も小説だしね。
ギボンの「ローマ帝国衰亡史」もいずれは読んでみたいけどね・・・。

という事で、今回は松谷健二さんの「東ゴート興亡史」を読んでみました。
著者紹介によると、既に亡くなられている方なんですね・・。
翻訳が本業の方なのかな。
それなりに面白かったけど、やはり馴染の無いゴート族のことなので、
人名とかも知らないものばかり。
フン族のアッティラなんかが登場すると、知ってる人が出てきたとホッとしたりして(笑)
いずれ中世の歴史にも手をつけてみたいけど
読みたい本は山積みだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する