カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

マンガ「ナルミさん愛してる その他の短編」山川直人

何だか村上春樹の「蛍 納屋を焼く その他の短編」みたいなタイトル。
なかなか「コーヒーもう一杯」の2巻以降が近所の本屋に無くて、代わりにこちらを見付けました。

「ナルミさん愛してる」はUFOキャッチャーの景品だったカエルのぬいぐるみと
写真関連の会社に勤めるOLのナルミさんの話。
一人暮らしのナルミさんが、カエルのぬいぐるみにつけた名前がドミノ。
ドミノからの視線でナルミさんの日々が綴られていくシリーズ。
その他、「ナルミさん」シリーズの前日譚にあたる「おねえちゃん」
映画も本も作者が鬼籍に入ってからでないと手に取らない
そんな変わり者の青年の恋愛を描いた「コートと青空」
しっかり者の小学生の男の子と、ちょっと頼りない父親の父子家庭の生活を
父親の帰宅から二人の就寝の数時間だけで、とても素敵に描いた「ふたり暮らし」

う〜む、どれも素晴らしいマンガです。
こう云うマンガが存在すると云うだけで嬉しくなる。
できればもっと多くの人に読んで欲しいと思う。
とりあえず、山川直人の作品は全部そろえようと思う。
同人誌も(プロになった今でも)出し続けているようだけど、そっちも手に入れたいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する