カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

鈴木常吉「望郷」

鈴木常吉さんからメールが届いた。
新作の「望郷」が発売になるので如何ですか、と云うご案内だった。
もちろん予約しました。

これが前作「ぜいご」に負けない好いアルバムで・・・。
使われている楽器はアコースティック(一部エレキギターもあるけど)なものばかりで
録音場所も公民館とか・・・。
鈴木さんの声とメロディーを最大限に活かしたアレンジだと思う。
しみじみと、まさにしみじみと心に沁み込んでくる歌の数々。
あのね、こう云う事を書くと恥ずかしんだけどさ、涙が出てくるんだよね。
聴いていると、自分の心の中に仕舞い込んであるいろんな事がさ
鈴木さんの歌によって呼び覚まされるんだよね。
もうねぇ〜、一曲目の「海の見える坂」から心を鷲掴みですよ。
で、二曲目の「ウイスキー・ブルース」でホッとして・・。
時に哀切を込めて、時にほのぼのと、心に直接語りかけてくるそんな歌の数々でした。
本物の音楽を聴くといつも涙が出てくるんだよなぁ。
三上寛のカヴァー曲も入っているし
ライナーノーツは漫画「深夜食堂」の作者安倍夜郎さんだ。
これはお買い得ですよ皆さん。

鈴木常吉さんは以前にも紹介したけど「セメントミキサーズ」の元メンバー(当時は鈴木常之名義)。
音楽ユニット「つれれこ社中」にも参加していた。
今でも、良い音楽を造り続けている人だ。

これも以前書いた事だけど、TBSの深夜枠で放送されたドラマ「深夜食堂」のオープニング曲として
鈴木さんの「思ひで」が使われていて、俺はあんまりドラマとか視ないんだけど
たまたま第二回の放送だった思うんだけど、視てみたらこれが面白くて。
また、この「思ひで」が凄い曲で。


因みにドラマの深夜食堂も大変良いです。観てない人はDVDで是非。
俺もDVDが欲しいけど、小遣いが・・・・。


因みにその2なんだけど、ドラマの原作であります安倍夜郎さんの漫画「深夜食堂」も
大変面白い。最初はなんかこう云う絵が苦手だなぁと思ったんだけど
1巻を読み終わる頃にはその魅力に取りつかれていたな。
現在6巻まで発売中。もちろん全巻愛読しています。



「つれれこ社中」と云えばヨウツベでこんな動画を発見。

キヨシローの後ろの「つれれこ社中」の真ん中でアコーディオンを奏でているのは鈴木さんだと思う。
すごい取り合わせだなぁ。
キヨシローは俺にとってはジョン・レノン、ジム・モリスンに匹敵する人なのである。
いいなぁ、ロックの神様と共演かぁと素直に羨ましい。

鈴木常吉さんのHPはこちら
http://www007.upp.so-net.ne.jp/tunekichi
CDの注文もできますよ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する