カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

宮部みゆき「おそろし 三島屋変調百物語事始」

こちらから読むべきだったんでしょうね(笑)
順番が逆になってしまったんですけど、ま、気にしない。

あたりまえだけど、「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」の方で「?」だった
おちかが三島屋にやって来た理由が解る。
コレでより楽しく読める。

と云う事で、おちかと許婚の良助、そして松太郎のおそろしい出来事が描かれた「邪恋」ほか
黒白の間で語られる妖しくも悲しい話たち。
個人的には第一話の「曼珠沙華」が良かったな。
曼珠沙華を病的に恐れる商人の籐兵衛。
彼が幼かった頃に兄が起こした殺人事件。
島流しになった兄への秘められた想いと曼珠沙華の物語が
おちかと云う聞き手を得て、黒白の間で語られる。
この第一話で、ぐっと物語の世界に引き込まれますね。
黒白の間に自分も座っているかのような気持ちになっていく。
う~ん、お見事。

一番怪談色が濃いのは第二話の「凶宅」かなぁ。
「凶宅」の物語は後日譚になる「家鳴り」が「三島屋変調百物語事始」全体のクライマックスにもなっています。
そして「続」の方でも重要な役目を果たす事になる訳ですね。

まだ続きが出るのかしら?
出て欲しいんですけど、どっかで連載しているのか?
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する