カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

T・R・スミス著「チャイルド44」上・下

これでデビュー作かよ!が第一の感想。
才能なのか、それとも習作を人知れず重ねた結果なのか。
去年読んだジョー・ヒルの「ハート・シェイプド・ボックス」も、これでデビュー作かよと
ビックリさせられましたが、この作品も凄いなぁ。

50年代のソ連が舞台。
国家保安省(後のKGBです)の捜査官レオは上官から、“事故”で少年を失った家族の元に
“説明”に行くように命令されます。
部下でもあるフョードルの家に向かいますが、実際には“事故”ではなくて殺人なんです。
しかし、旧ソ連では殺人などの犯罪は西側に特有の物であり、殺人事件は存在しない。
だから、“事故”だと“説明”して来いと。要は殺人などなかったと脅して来いと。
事件だと言い張るなら、収容所に行く事になるぞと云うことです。
説明に成功して、普段の捜査(反国家分子を見つけ出して収容所送りにする事)に戻るレオ。
しかし、部下であるワシーリーの姦計によって妻ともども、田舎町の民警にトバされることに。
死刑、もしくは収容所送り(これも時間を掛けた死刑であるわけですが)は免れたものの
身分もプライドも失ったレオ。さらに愛していたはずの妻との関係も・・・。
何もかも失ったレオは、赴任先でフョードルの子どもと同じ手口の殺人に出会い
命を賭けて、犯人を追う事に。
命を賭けてと書きましたが、ソ連ではあってはならない殺人事件。
ですから多くの事件は犯人がでっち上げられて直ぐに解決、もしくは事件自体が
フョードルの子どもと同じように事故として処理されているからです。
それを暴き立てる=国家に対する反逆罪。それでも、捜査をしようと誓うレオ。
妻と新たな関係を築きながら捜査を続けますが・・・・・。

読ませます。面白い。
実際のチカチーロ事件(78年から90年にかけて、アンドレイ・チカチーロが
50人以上の殺人を犯した)
を元ネタにして時代を置き換えて描いた本作、リドリー・スコットが映画化するようです。
楽しみ!
犯人の正体にも驚かされるなぁ。そうくるとは思いもよらなかったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する