カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

士郎正宗「アップル・シード」

おお、これは微妙な感じ。

映画版の「APPLESEED」を以前見た記憶があるけど、内容は覚えていない。
キャラクターデザインが好きになれないと思った記憶があるだけだ。

ブックオフで全4巻が(本当は未完らしいので“全”って云うのも変だけど)並んでいたので購入。
正直、それほど面白いとは思わなかった。
未完なのでしょうがないけど、ドンパチを繰り広げているだけで終わってしまっている感は否めない。
特にESWATに入ってからは、その感が強い。
オリュンポスの政治やテロなどのテーマが大きく展開されていくが、未回収のままで残念。
続きを書く気はもはや士郎正宗にはないのかな。ちゃんと最後まで描いて欲しいなぁ。
ちょっと消化不良な内容。
きっと最後まで描けば印象がかなり変わると思うんだけどなぁ。

士郎正宗の商業デビュー作とのことです。
攻殻機動隊みたいな作者による詳細な注解が無いのもちょっと残念。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する