カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

一条裕子「貂の家」てんのいえ

「貂」って読めますか?私は読めるけど書けない(笑)

寡作な漫画家一条裕子の2007年の単行本。
貂が主人公です。って言うか貂の家族が主人公です。
貂が着物を着て炬燵に入ってラーメンを食べたりします。
一戸建てを構えた貂アキマサの文化的な生活
ゆる~い、和み系の漫画です。
貂の子どもたちがペットを飼いたがってみたり
“はだか貂”に娘が恋してみたり・・・・・・。

しかーし!この貂には本人たちもあずかり知らない秘密があったのです!
実は貂では無くて、フェレットだったのです!
って読んでいない人にはサッパリ解らないですよね。
そうなんです。そういう漫画です。
ちょっとビミョーでした。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する