カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

二郎の豚を使って炒飯なぞ。

ラーメン二郎八王子野猿街道店2で購入した豚を使って炒飯を作ってみた。
炒飯と云えば男の料理。ライバルはタモリと大竹まことである。

まずは豚を賽の目に切っておく。
12-30 001
12-30 002
長葱もついでにみじん切りにしておく。
中華鍋を煙が出るくらいに熱しておく。
本当はラードを使うとコクが出て旨いが、健康に配慮してサラダ油を使用。
ちょっと多めかなと云うくらい油を入れたら、よく溶いて白身を切った玉子を投入。
今回はご飯二合に対して、卵三玉仕様。
玉子を入れると
12-30 004
ふちの方から、このように火が通ってくるので
間髪をいれずにご飯を投入。もたもたしてはいけない。
炒飯は時間との闘いなので、すべて用意が出来てから調理を始めるのがポイント。
12-30 005
木べらで切るように混ぜる。ムラが無いように。
中華お玉でやるのがベストだけど、鍋肌に結構傷が付いたりするので最近は使わなくなった。
12-30 008
カッコよく中華鍋を煽っている写真が欲しかったんですが、ブレブレで使えず残念。
火力は終始強火で、右手も左手も休めてはいけません。
パラっと仕上げるには火力との闘いがある。
この時点で塩胡椒。胡椒は細挽きが望ましい。
ついでオイスターソースを投入。入れ過ぎるとくどい味になるので注意。
もちろん醤油でも良いがアッサリ目になる。
12-30 014
12-30 015
葱と豚(チャーシュー)を加えて鍋を煽る。
仕上げに紹興酒または日本酒をほんの少しだけ鍋肌から加える。
香り付けなのでほんの少しでOK。
水分を飛ばすように鍋を煽る。最後に味を見て完成。
12-30 019
ポイントは、
火力は終始強火であること。
玉子は白身が切れるようによく溶くこと。
ご飯は炊きたて、もしくは冷やご飯であればレンジで温めておくこと(その方がほぐれやすいから)ですかねぇ。
大変美味しゅうございました。
豚が旨いと料理のし甲斐がある。
中華街に行ったら肉まんだけではなくて、叉焼や塩豚を買ってくるとそのままでも料理に使っても美味しいですよ。
と云う事で、二郎豚も残り少しなので、炙って食べるかな。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する