カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

花びら餅

皆さんのご家庭では、正月に花びら餅を食べますか?

以前、会社の先輩に「今年はまだ花びら餅を食べてないです」って話したら
「花びら餅って何?」と云われたことがある。
あんまり一般的ではないのでしょうかね?

花びら餅は「菱葩餅(ひしはなびらもち)」が原形。
宮中で平安時代から行われていた「歯固めの儀式」が簡略化したもので
餅の上に赤い菱餅をのせ、更に猪肉や鮎の塩漬けを載せて食べていた物が段々と変化し、
現在は牛蒡の砂糖煮と白味噌餡、小豆色の菱餅(コレは省略されることがほとんどみたいだけど)を
餅か求肥で包んで半月状(餃子みたいな感じ)にした生菓子になっております。
「虎屋の花びら餅はちゃんと菱餅が入っていて、なんと云うか立体的ですごく美味しい」
と女房は云うんですが
虎屋の花びら餅なんか絶えて食べていないので、私は覚えていない。美味しかった記憶はあるけど。

何でも明治時代に裏千家で初釜(年始めの茶会のこと)の際に使うことを許可されて広まったらしいんですが、
わが家は祖母がお茶をやるので、その影響なのか毎年食べますね。
さすがに面倒なのでお茶を点(た)てたりしませんけど、普通に煎茶を淹れて食べます。
今年もちゃんと食べました。
と云うか一月の初めにしか売ってませんので、食べ逃すと来年まで待つしかないので・・・・。
来年は初詣のついでに虎屋に寄ってみるかな。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する