カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

矢作俊彦「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」

あのテレビドラマの名作「傷だらけの天使」の30年後を描いた続編。
こういう別の作者による続編って、ファンにとってはかなり厳しい目で見ざるを得ない物。
面白いからその作品のファンな訳で、その続編を創ろうっていうからには、
不満足な物を創りやがったら許さんぞ!ぐらいな気持ちになりますわな。
その点この小説は「傷だらけの天使」ファンにとって、安心して読める作品だ。

ドラマの最終回、高飛びしようとする綾部社長と共に船に乗ろうと港へ向かう木暮修に見捨てられた亨。
結局、悪になりきれず新宿のペントハウスに戻り亨の亡骸を見付けた修。
あれから30年。修はなんとホームレスになっていた。
しかも、賭けゲートボールで小金を稼ぐ生活。BIGIをカッコよく着ていた修がホームレス。
いや、修流に云えば宿無しだ。
亡き妻の忘れ形見の健太(高倉健の健に、菅原文太の太で健太だ!ってセリフを連発してたよね)とは
全く音信不通で生きているのかさえ分からない。
音信不通と言えば、綾部情報社のメンバーとも完全に音信不通だ。なにしろ今じゃ本名を名乗る事さえ無い。
ところが、同じ宿無し仲間の通称ドーゾが何者かに殺されたことから、30年振りに過去の自分と向き合い
デカイ事件に挑むことになる修。
外国人の高級車窃盗グループ。都知事の秘書らしき男。新宿のヤクザ。謎の美少女。
そして綾部情報社の社長、綾部貴子。
いやぁ、面白いっす。
幕開けからして、ドラマのオープニングを上手に使った仕掛けで楽しませてくれるし。
相変わらずな綾部社長も、悪なんだかヘタレなんだか判らない辰巳さんも、良い味出しまくり。
ちゃんと現代のドラマになっていて、単なるノスタルジアで終わっていない点も見事だ。
やっぱ修ちゃんカッコいいわ!
そんでもって最後は親子のドラマで、二組の親子のドラマ締める辺りニクイなぁ矢作さんは。
綾部さんの「オリオン座の近くで燃え尽きた宇宙船。タンホイザーゲイトのオーロラ。
そんな思い出もじきに消える。時が来れば――雨降る中の――涙のように、――ほら、その時が来た」とか
細かく入れてくるギャグも粋で楽しい。
そういえば「ブレードランナー」も映画版の方の続きが小説版で出てますな。いつか紹介したいけど。
矢作作品は「気分はもう戦争」(原作担当。作画は大友克洋)、「スズキさんの休息と遍歴」
「あ・じゃ・ぱん!」「ららら科學の子」ぐらいしか読んでいないけれども、今のところハズレは無し。
どれも傑作。
うんうん、矢作さんは傷だらけの天使の事がちゃんと解ってる。同じ傷を持ってる馬鹿な男の一人だ。尊敬!
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する