カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

幸田浩子さんのミニコンサート

今日は仕事を早退して銀座へ。
銀座はアウェイな感じがしてあまり好きじゃないけど、
幸田浩子さんのミニコンサートが山野楽器であるので、久々に行ってみた。

幸田さんの新譜「ワルツの夢」収録曲から4曲を、ピアノの伴奏で歌唱。
相変わらず清らかな歌声で、疲れが癒される。う~ん素敵だ。
もっと聴きたいけれども、無料コンサートなので満足しなきゃね。
CDで協演しているウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のメンバーとの録音時の話など面白かったなぁ。
次はいつ観に行けるだろう。やはり音楽は生で聴くのが一番である。

今回のCDとは関係ないがヨウツベで見付けた動画。

演奏はN響みたいですね。ヴァイオリンに“まろ”こと篠崎史紀さんがいて、チェロに木越さんがいるから。
N響も実は生で観たことが無いので、来年こそは聴きに行きたい。


さて、素晴らしいソプラノを聴いた後は、何故か二郎へ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する